Gacktさんの来店

2008.09.30 - 09:53

 実は、Sさんのおかげで素敵なお話が聞けました。
きのうのブログの続きなんですが、Sさんと私が春日山神社の
売店の中で話していると、売店の奥さんも会話に加わってきました。

私達3人の会話をちょっと聞いてください!!

 Sさん⇒S 奥さん⇒奥

私  「先週、Gacktさん、春日山神社のほうに来られたんですよね?」

奥  「そうそう、撮影でね。こちらにも寄ってくださって、甚平
   とかいろいろ買ってくださったんですよ。」

S  「えっ!?甚平?どれですか?どれですか?」

奥  「これ、1種類なんですけど。」

S  「へぇ!!家でポンのGacktさんも甚平着るんですかね!?」

私  「そうですよねぇ。」

奥  「他にもいろいろ買われて、最後にちゃあんと、
   『ありがとうございました』って言われたんですよ。」

S  「Gacktさんは礼儀正しいですもんね。」

私  「そうですよねっ!」

奥  「握手してもらっちゃって・・・」

S・私「いいなぁ〜!!!」

奥  「前よりもっとファンになっちゃたわっ。」

と、こんな感じでした!!

 (撮影とは、「天翔る龍の如く」の撮影のことです。
去年の10月25・26日に上越でロケが行われたのです。)

 奥さんは、頬を赤く染めて少女のように話してくださいました。
お肌もつやっつやでお化粧もバッチリ決まっていました。
これはGacktさん効果に他なりませんね!

周りの人まで素敵にしてしまうGacktさん。
やっぱりすごい!!

 春日山神社の売店にて、短い時間でしたが、とっても楽しいひとときを過ごせました。

 会いたいと思っていた人に会えた上に、Gacktさんの来店の様子まで聞けて、
本当にラッキーでした!!
 
 今日の上越は快晴!!
暖かみのある青空にすじ雲が広がっています。
秋のさわやかさの中、上越の街は光り輝いています!!
またなにかいい事がありそうです!!


Gacktさんの鉛筆画展

2008.09.29 - 09:23

 「えっ、これ絵!?写真みたい!!すごい!!」
鉛筆画を見た時の感想です。

 8月1日から31日まで、高田郵便局で
開催されました。
謙信公祭の時にご覧になった方も大勢いる
と思います。

 繊細なタッチで本当に美しい絵。鉛筆で
描かれているとは思えません。
たくさんの作品からGacktさんへの情熱が
伝わってきます!!
 
 去年の11月にも同じく高田郵便局で展示
会がありました。数日前にその記事が上越
タイムスに載ったんです。

 Gacktさんだけを描き続ける女性。
ここではSさんとさせていただきます。
新聞の記事には写真も載っていました。
私も熱中して絵を描いていた時期があり、
Sさんにすごく興味を持ちました。
会ってお話してみたいなぁ、と。

 不思議な事もあるものです。

 11月1日、なんと春日山神社の売店で
Sさんにばったりお会いしたのです!!
すぐにSさんと分かりました。
思い切って話しかけてみると、とても気さくに応じて
くださいました。

「私もDearsです!タイムス見ました!!」

絵の事、Gacktさんの事、いろんなお話を
させていただきました。

 すらりと背が高く、写真で見るよりずっと若々しかったSさん。
とても快活な方で、目がキラキラ輝いていてすっごく魅力的でした。

 


春日山城跡

2008.09.28 - 21:16

 「Gacktさんは風林火山の撮影前に、お忍びで上越に来て、山頂まで登ったそうですよ。」
(上越ケーブルビジョン「第82回謙信公祭」より 解説者談)

 春日山神社近くの謙信の銅像辺りから山頂までは、急な登り坂が続くため、平日は地元の学校の遠足などがないかぎり、ほとんど人がいないようです。

 本丸からは上越の街並みと日本海が一望できます。

 Gacktさんは、人気のない春日山城跡でこの光景を見つめたんですね。

 同じように謙信が見ていた上越の街はどんなだったんでしょう・・・?


妙高山

2008.09.27 - 22:16

 去年の謙信公祭の翌日、Gacktさんが立ち寄った「そば処文ざ」。
上越から妙高方面に向かって、車で4、50分の所にあります。
Gacktさんは、妙高山を眺めたのでしょうか。

 そして、謙信は川中島へ出陣する時、妙高山を見ながら何を想ったのでしょう。

 今朝、妙高山に雪が降りました。
2日前くらいから、上越は涼しいを通り越して寒いのです。
 「妙高山が白くなったね。どうりで寒いわけだね。」
 今朝の我が家の会話です。9月中に妙高に積雪が見られるのはめずらしいことです。日中、たまたま入ったお店の店員さんも
 「妙高の方、降りましたね。」
と、言っていました。
 
 上越地区の人々は、妙高山を見て季節の移ろいを感じます。
 3月の中旬には、中腹に「はね馬」が見られます。雪解けの形が、走っている馬のように見えることからこの名前で呼ばれているのです。
 「はね馬が見えてきたから、もう春だね。」
と、春の訪れを喜びます。

 上越から車で1時間ほどで、妙高山のふもとの温泉に行けます。赤倉温泉に謙信公祭の時、宿泊された方も多いのでは。
 時には日々の疲れを取りに、日帰り入浴をしたり、足湯に浸かったり。

 また、ふっと時間の空いた時に、窓からその姿を眺めながら一服する、なんてことも。

 この山は私達にとって、上越地域を見守ってくれている頼もしい存在でもあり、心休まる場所でもあります。

 私達の暮らしに密接に関わっている愛着のある山なのです。 


Gackt in 謙信公祭

2008.09.26 - 09:46

 行ってきました!埋蔵文化財センターに。
嘘のように静かな春日山周辺。あの日の熱気が幻のよう・・・。

 出陣行列に参加した人々のインタビューが印象的で、私も一度くらいは参加してみたいな、と思いました。

 春日山の静けさの中、Gackt謙信の映像に、感動と興奮が蘇ってきました。


Gackt謙信のポスター

2008.09.25 - 08:58

 去年、上越の街のあちこちに貼られていた「風林火山」のポスター。その中でも、Gackt謙信がひとりたたずみ、遠くを見つめるポスターをすごく気に入っていました。
 上越以外で貼られていたか、分からないんですが、去年の謙信公祭に来られた方はどこかで目にしたのではないでしょうか。
 
 去年の12月の末、「風林火山」の放送も終わってしまうし、記念にこのポスターがほしいな、と思っていました。
 市の施設に貼られてあるのを見て、掲示が終わったら譲ってもらえないか思い切って聞いてみることに。
 事務室から女性が出てきたので尋ねてみると、その女性はポスターを見ながらにまぁっと笑って

「さあ、私も・・・。職員の方に聞いてみないと分かりません・・・。」
「・・・!」

 てっきり事務員だと思ったその女性は、なんと一般の人だったのです!!
心の底から恥ずかしかったです・・・。でも、そこでめげないのが私のいい所。今度は、職員の方かどうか確かめてから聞いてみました。
 結局、市で回収するからだめ、との答え。残念でした。

 今年は、謙信公祭のポスターが販売になって、本当に良かったです。


Gacktさんの台詞

2008.09.24 - 09:39

 少し前に、ドラゴンボールの再放送でたまたま目にした決闘のシーン。

「どうしたっ!」
「かかってこいっ!」

んっ、どこかで聞いたことある・・・!?

 もしかして、Gacktさんがよく使うこの台詞ってドラゴンボールから来ているのでしょうか?

 私は子供の頃、タイムボカンシリーズが好きでよく観ていました。近頃ヤッターマンのリメイク版が放送されていたり、昔のが再放送されたりしています。
 なつかしくてついつい見入ってしまうのですが、そのせいか最近何かボタンを押すとき、どうしても

「ポチッとな」

と、つぶやいてしまいます。
私だけ?


上越タイムス

2008.09.23 - 10:12

 上越が大っ好きな私にとって、上越タイムスはかかせません。毎朝必ず目を通します。
 地域の情報満載で、たまに友達や知り合いが紙面の写真に写っているのがうれしいです。
Gacktさんの記事は完全永久保存!!です。

 去年の今頃、「すごかったガクト旋風」という記事が載りました。

 「謙信公祭の翌日の8月26日、駅の売店やコンビニで販売していたタイムスは早々と売り切れ。新聞を求める人が直接当社に連絡してくる事態に。日曜出勤の社員は、一日中鳴り続ける電話と訪れる購入客の対応に忙殺されました。(中略)この購入希望の電話は二日後の火曜日まで鳴り続けました。」

 すごいですね!上越タイムスもかつて遭遇したことのない事態だったそうです。
 また、こんなことも書いてありました。

 「ガクトさんのファンの方々はマナーの良い人が多く、喜んでいただけるとこちらもうれしくなりました。」

 そうなんですよね。Dearsさんていい人ばかりだと思いませんか?
私が知り合ったDearsさんは、みんな生き生きとしていて魅力的な方ばかり。
Gacktさんへの愛やGacktさんからの愛で心が満たされているからでしょうか?


来年の謙信公祭のゲスト

2008.09.22 - 21:23

 木浦市長の会見によると、
「来年の大河ドラマ『天地人』は8月が佳境。そこから離れて何かするとは考えづらい。ゲストの招へいの中心になる。」
と話し、
「Gacktさんは今年が最後なのか」
との問いには、これまでの功績や市との関係などもあり、明言を避けた。
と、8月26日の上越タイムスに掲載されていました。

 来年は来年で楽しみです。
 でも、またGackt謙信に戻ってきてほしい!!
 あの勇姿をまたこの目で見たい!!と思うのは私だけではないはず・・・ですよね。 


謙信公祭から1か月

2008.09.22 - 09:42

 少し前まで残暑が厳しかったのに、今朝の上越は肌寒いくらい。コスモスやすすきが風に揺れているのを見ると「もう秋なんだなぁ」と感じます。

 さて、謙信公祭への出陣にあたってのGacktさんのメッセージにこんな言葉がありました。
 「謙信公祭が日本を代表する祭の一つになってくれればと心から願っています。」
 この言葉には正直驚きました。上越市民でもこんな風に考える人は少ないかもしれないからです。
 自分の使命を果たすべく、再び謙信公祭への参加を決めてくれたGacktさんの熱い思いに、涙がにじんでしまった私でした。


はじめまして

2008.09.21 - 14:37

 上越で生まれ育ち、今も上越で暮らしています。自然がいっぱいで
穏やかな空気が流れるこの街が大好きです。
 謙信にまつわることなどを中心に綴っていきたいと思います。
 よろしくお願いします!!