上越の子供たち

2008.10.31 - 10:52


 リージョンプラザ上越前の謙信の銅像。
 リージョンプラザ内の「科学館」は大人も子供も楽しめて
おすすめです!
 
 去年の年末、4歳の女の子が「風林火山」のポスターを指差して
「これ、ガクトでしょ、ガクト!」
と言っているのを偶然耳にしました。

 また別の時に、小学1年生の男の子が
「紅白、ガクトを観てから寝たよ」
と言うのをたまたま聞きました。

「へぇ〜、こんな小さな子たちもGacktさんの事知ってるんだ・・・」
と思いました。

 ある小学校では給食の時に、Gacktさんの曲が流れるとか。
 
 Gacktさんが謙信を演じたことが、子供たちに大きく影響している
ようです。この子供たちが上杉謙信の事を考える時、Gackt謙信の
姿が頭に浮かぶのでしょうか。

 上越が大好きで、Gacktさんが大好きな私にとって、これほど
うれしいことはありません。  


妙高山が雪化粧

2008.10.30 - 13:06



 今朝、裾野の方まで真っ白になりとてもキレイ。

 朝陽を浴びてきらきらと輝いていました。


Gacktさんと上越の縁

2008.10.29 - 09:47


 謙信の銅像の除幕式に、当時謙信を演じた石坂浩二さんが呼ばれた
そうです。が、ブレイクしすぎて都合がつかず来れなかったとのこと。
(上越ケーブルビジョン「第82回謙信公祭」より)

 同じ超人気者で忙しい身でありながら謙信公祭の出演を受けて立って
くれたGacktさん。
Gacktさんは、上越に何かを感じてくれたのでしょうか?
謙信公祭の後も、何度か足を運んでくれて、「第2のふるさと」とまで
言ってくれて・・・。

 この時、うれしいとか感動を通り越して一体この上越で何が起こって
いるの?という感じでした。

この上越で信じられないようなすばらしいことが現実に起こっている・・・。

 Gacktさんへの感謝はもちろん、Gacktさんを謙信役に抜擢して
くれたNHKの若泉プロデューサーにも感謝の気持でいっぱいでした。



「天地人博」

2008.10.28 - 10:23


 来年の1月17日から、「越後上越 天地人博」が開催されます。

体感・学習・参加・発信の4つのゾーニング。
メインとなる「体感」コーナーには、NHK106スタジオの春日山城
セットを再現。

他のコーナーでは兼続・謙信・景勝を演じるそれぞれの俳優の
インタビュー映像や、過去の大河ドラマで謙信を演じた5人の
俳優に「あなたの義」を尋ねる映像などを流す。
(上越タイムスより)

「謙信を演じた5人の俳優」の名前は記載されてなかったんですが、
きっとあの方の映像も・・・!

会場は、直江津にある屋台会館です。


春日山神社

2008.10.27 - 17:11


<春日山神社>
 謙信公を祭神とし、旧高田藩士小川澄晴が浄財を募り、祭主となって
創建したもの。
日本近代童話の父と呼ばれる小川未明は澄晴の長男。
(国指定史跡 春日山城跡めぐり より)

 ・・・かなり大人になるまで謙信の時代からある神社だと思って
いました・・・。


Gacktさんが歩いた道

2008.10.26 - 21:31


当時春日山城への玄関口だった大手道。
「天翔る龍の如く」でGacktさんが優雅に歩いていました。


Gacktさんの名前も・・・!

2008.10.25 - 14:52


 ありました!

 春日山神社の境内に出陣行列の参加者の名前が記されているのですが、
Gacktさんの名前もちゃんとありました!


御館(おたて)跡

2008.10.24 - 11:04


 生まれて初めてこの辺り(上越市五智)に行った
ので、少し迷ってしまいました。閑静な住宅街の中
にあって、近くに同じような公園がいくつかあった
ので・・・。

 最近この御館公園で、若い女性がたたずんでいる
のがよく見かけられるそうです。
鮫ケ尾城跡にも全国からやっぱり若い女性が多く訪
れているとのこと。

 なんでも「炎のミラージュ」という人気の小説で
景虎が取り上げられ、悲劇の武将として注目されて
いるとか・・・。

(私はこの小説をよく知らないのですが、景虎を
描いた小説なのでしょうか?すみません。時間が
なくて調べてません。
どなたか知っていたら教えてください!)

<御館>
 謙信が関東管領上杉憲政の館として造営。
 謙信が死去すると養子の景勝と景虎が家督相続を
めぐって争った。(御館の乱)
景虎は御館に立てこもったが、翌年景勝の猛攻撃を
受けて落城。

(上杉謙信ゆかりの地を訪ねて 花ケ前盛明 著 より)
 



「天地人へのいざない」展

2008.10.23 - 09:43


 上越市立総合博物館で開催しています。

 御館の乱から、関が原合戦に至る上杉景勝と
直江兼続の足跡を、国重要文化財をはじめとする
歴史資料をもとに紹介しています。
11月9日まで。
(広報じょうえつ より)

 天地人のストーリーの流れが分かりやすく解説
されています。
 当時の事ってどうも現実とは思えないような、
物語の中の事のような感じがしてしまうのですが、
展示物を見ると、
「本当にこんな時代があったんだよね・・・」
と生々しく感じます。

 特に印象に残ったのは、鮫ケ尾(さめがお)城跡
から出土した炭化したおにぎり、御館跡の弾丸や櫛
やかんざし、兜につけていたという小さな仏像など
でした。


Gacktさん効果絶大

2008.10.22 - 10:11

<謙信公祭の入り込み>

 去 年    203,100人
 今 年    217,200人
 H13年     83,200人   ←これまでの最高
 近 年     48,000人程度

 Gacktさんの威力ってとてつもなくスゴイ!!

 ちなみに、これまでの謙信公役は歴代市長や一般公募、
最近では、俳優の辰巳琢郎さんも演じています。

 (上越タイムスより)


謙信公祭参加決定!

2008.10.21 - 10:24


 去年の7月4日、Gacktさんの参加決定を上越市の
ホームページで知った時、家に誰もいませんでした。

「やった〜〜〜〜〜!!!!!」

私は子供のようにバンザイして飛び跳ね、まさに狂喜乱舞。
すぐに友達に電話すると、
「うそでしょっ・・・!」
と相当驚いた様子。
電話で話しながら、手も声も震えてきました。

 私の周りの人々の反応は
「まじぃっ!?」
「信じられない!」
「よくこんな田舎に来る気になったね」
などなど。

 新潟県上越市、確かに田舎の代名詞のような所かも
しれません。
ミュージシャンとしてのGacktさんが訪れることは、
まずなかったでしょう。
Gacktさんが、郷土の英雄を演じることすら夢のようだったのに、
この街にGacktさんが来る・・・!
 興奮と喜びで胸がいっぱいになりました。
「Gacktさんは来てくれる!」と信じたものの、やっぱり
信じられないうれしさでした。

 Gacktさんの参加決定のニュースは、上越に一大
センセーショナルを巻き起こしました。
毎日のように上越タイムスにGacktさんの名前が載り、
この知らせを受けての街頭インタビューまで掲載されました。
 
 そして、あっという間に上越中の宿泊施設が満杯になったのでした。
 こんなことが今だかつてあったでしょうか!?

 いつどこでどんな風に幸運が舞い降りてくるのか、本当に分から
ないものです。


「ガクト謙信登場か」!?

2008.10.20 - 13:21

 「木浦市長は『ぜひともガクトさんに来てほしい』
と話している。」

 去年の5月の末、上越タイムスの一面に記事が掲載され
ました。それを目にした時の私は、体の芯がカッと熱くなり、
手足の先がしびれるような感覚に襲われました。

 Gacktさんが謙信公祭に!?
 絶対ありえないと思っていたGacktさんの来越が実現!?
 Gacktさんがこの街に・・・!!

 頭の中でぐるぐる回り  

「どどどど、ど、どうしよう!」

と右往左往する私を横目に家族は、

「来るわけないよ」

と、冷たい反応。
記事は、Gacktさんをスペシャルゲストに招こうとしている
というだけで、まだ決定ではありませんでした。

 でも私は
「Gacktさんは来てくれる!Gacktさんなら来てくれる!!」
と信じました。

 いてもたってもいられず、友達に電話すると
「きのうの県内ニュースでもやってたよ。でも、こんな田舎
にGacktが来るわけないじゃん!」
とやっぱり冷たい反応でした。


Gacktさんのサイン

2008.10.19 - 21:33

 上越の話しではないんですが、9月の上旬に水上温泉に
旅行したときのこと。
「お腹すいた〜」
と、たまたま入ったお店に見覚えのあるサインが・・・。
なんとGacktさんのサインが飾ってあるではありませんか!

「ど、どうして水上に・・・!?」

 サインの下には連続写真がありました。
『群馬日帰りスノボツアー』とあり、HEY!HEY!HEY!の
番組の様子の写真でした。
(2005年1月25日来店)

 驚きました〜!
この放送を観た方は覚えていると思うのですが、私は観なかった
ので全然知らなかったのです。

 たまたま入ったお店でGacktさんのサインに遭遇するなんて、
すっごくラッキーな偶然でした!

 水上温泉街の谷川ラーメンです。 
 


謙信公祭のポスター

2008.10.18 - 09:59


 ずっと大切にしまっておいたのですが、それももったいないと思い、
ついに貼りました。

 部屋も、気も、引き締まります!


箕冠(みかぶり)城跡

2008.10.17 - 21:25


 謙信の家臣、大熊備前守朝秀の居城。
上越市板倉区にあります。

 本丸からの眺めはすばらしい景観!
頚城平野が一望。もちろん日本海も見えます。
まさに山城にはもってこいの場所、という感じです。

 城跡全体が公園として整備されていて、ピクニックなどにも
よさそうです。

「こんな場所が上越にあったんだ〜」

と、またまた新たな発見!

<大熊備前守朝秀> 
 段銭(たんせん)方(財政)を務めた守護上杉家の重臣。
弘治2年(1556)武田信玄の誘いに応じ謙信に背いた。
謙信はすかさず朝秀討伐の兵をおこし、駒帰(糸魚川市)
で撃破。敗れた朝秀は、甲斐の信玄のもとへ身を寄せた。

(「上杉謙信ゆかりの地を訪ねて 花ケ前盛明 著」より)


Gackt謙信のキーホルダー

2008.10.16 - 16:42


 超お気に入りです!
 家の鍵をつけてます!
 肌身離さず持っています!

 「二回呼んで頂いた上越市に恩返しをしたい」とのGacktさん
の意向により、Dearsから謙信公祭でのGackt謙信グッズの売上
の一部が上越市に寄せられました。
今朝の上越タイムスに、記事が載っていました。

 Gacktさん、ファンの皆様、ありがとうございました!!


金津新兵衛

2008.10.15 - 14:14


 少し前のブログに金津新兵衛という謙信の家臣が家の祖先と
書きました。
(Gackt謙信の写真というブログです。読んでない方は読んで
みて下さい!)

 その時は、祖父の言葉をそのまま書いのですが、ちょっと気に
なったので調べてみました。


 金津 義舊(かなづ よしもと)は室町時代、戦国時代の武将。
別称、新兵衛。
妻は長尾虎千代(後の上杉謙信)の乳母である。

 義舊は虎千代の養育係を勤め、嫡男ではない為に長尾家家臣など
は元より、実父長尾為景からも高齢時の子供であった為に実子で
あるかどうかの嫌疑を掛けられるなど、あまり良い扱いをされず
に塞ぎがちだった幼き頃の虎千代も、父のように慕った義舊の前
では明るく振舞ったと言われている。

 若き頃の義舊は猛将で、合戦中に尿意をもよおした為に放尿し
ながら片手で敵を三人斬り捨てたとの伝説も残る。

 謙信の信頼が非常に厚く、謙信の出兵時には春日山城の留守居役
を任されるなどした。
義舊自身もその信頼に応えるべく、生涯にわたり謙信の脇を固める
働きをした。

上杉二十五将にも数えられている。

(ウィキペデイア フリー百科事典より)

 ・・・すごい伝説を持つ人でした!!


 画像は、妙高市にでかけた時の秋の風景です。


Gacktさんが見つめた街並み

2008.10.14 - 09:19


 Gacktさんが春日山神社の境内から眼下に見下ろした上越の街。
この映像をみた時、目頭が熱くなってしまいました。

 またこの街並みを見つめてほしい!!
そしてまた上越を盛り上げてほしい!!
何度でも!! 


食事シーンの撮影

2008.10.13 - 21:58


 本文とは直接関係ないんですが、上越大通りです。左側前方に
ちょこっと見えるのが、鉛筆画展のあった高田郵便局です。

 「天翔る龍の如く」の食事の場面の撮影が、上海大食堂という
お店でされています。
最初、上海という違うお店に撮影の依頼があったそうです。
が、そちらのご主人が
「ウチは古いしせまいから・・・」
と丁重にお断りしたそうです。
「息子のところだったら新しいから・・・、私もそこへ
行って作りますから・・・」
ということで、上海大食堂での撮影が決まったそうです。

 私の母が上海の近所に住む友人から聞いた話です。


林泉寺

2008.10.11 - 21:43


 今年の謙信公祭の前日、FM上越で「すまいるカフェ 謙信公祭
スペシャル」という特別番組が放送されました。
その中で、パーソナリティの男性がしていた話です。
 
 去年、Gacktさんが林泉寺にお墓参りに来た時に、その男性も
そこに居合わせていたそうなんですが、Gacktさんの首筋に蚊に
さされた赤い痕を見つけたそうです。

「魔王も蚊にさされるんだぁ・・・」

なんて思ってしまいました。


春日神社入り口

2008.10.11 - 09:58


 春日神社のこともよく知りませんでした。
春日山神社には何度か行ったことがあったんですが、
春日神社は去年初めて訪ねました。

 建物はとてもシンプルなのに、深く厚みのある空気を感じる
のはなぜだろう?

<春日神社>
 越後守護上杉氏の氏神。
春日山城築城のとき鬼門神として山頂から遷座(天皇または
神体・仏像などの座を他の場所へ移すこと)したと伝えられ、
春日山城の名前の由来となった。

(「国指定史跡 春日山城跡めぐり」より)


春日神社のブランコ

2008.10.10 - 09:18


 「天翔る龍の如く」で、子供たちが乗っていたブランコ。

 Gacktさんと子供たちが対話しているシーンがすっごく印象的でした。
そういう場面を今まで見た事がなかったせいか、とてもほのぼの
としていい!!と思いました。

 今年の8月22日にGacktさんが、林泉寺を訪れた時、住職さん
のお孫さんのくりくりっとした頭をなでなでしてました。
にこにこしながら・・・。

 すごく微笑ましい光景!!

(上越ケーブルビジョン 「第83回謙信公祭」より)


春日神社の石段

2008.10.09 - 09:25


 神社までの長い石段は、まるで異空間へ続いているかのよう・・・。

 一段づつ上がるたびに心が静まっていきます。

 


Gacktさんがたたずんだ橋

2008.10.08 - 12:21


 「天翔る龍の如く」でGacktさんがこの橋から春日山を見つめる場面を観た時、

 「こんな橋あったっけ?どこにあるんだろう!?」

って思いました。
上越に住んでいながら知らないことって結構あるものです。

 後日、春日神社近くにこの橋を発見したのでした。


 緒形さん、本当に残念です。
宇佐美定満役では、さすがと思わせてくれました。
Gacktさんとの出会いも運命だったんですね。
 さみしく悲しいですが、感謝の気持ちでいっぱいです。


Gackt謙信の写真2

2008.10.07 - 09:13


 こちらがもう1枚の写真です。
 
 きのうのWeiβさんのコメントが心に残りました。

 当時の人々も謙信公祭に感謝してくれている・・・!
Weiβさんも言っていましたが、あの頃の人々の労をねぎらい、
魂を慰める祭でもあったわけです。

 そんなこと、考えもしませんでした。

 Weiβさんのコメントを読みながら、背筋がゾクゾクッとしたん
ですが、それと同時にすごくうれしく思いました。
またまた感動して泣けてしまいました。

 よいお話をありがとうございました。

 過酷な時代を生きてきた人々がいたから、今の私たちの平和
な暮らしがある・・・。

 改めて感じました。

 「こちらこそ本当にありがとうございます。」

 他の方々もコメントをありがとうございました!


Gackt謙信の写真

2008.10.06 - 13:44


 私の祖父は昔から上杉謙信を敬愛していた人でした。
去年はよく、「風林火山」の話やGacktさんの話をしました。

 去年の謙信公祭の後、謙信の家臣の金津新兵衛という人が、家の
祖先だと教えてくれました。

 謙信の林泉寺での修行時代、お側に仕えていた守役だったそうです。
また、上洛の時には必ずお供していた人だそうなのです。

 「え〜〜〜っっっ!!!」・・・ショックでした。

 そんな人が私の祖先!?
生まれて初めて聞いたその真実に、びっくり仰天だったのです。

 今思えば、ここは上越なんだから謙信の家臣の祖先という
人はたくさんいるはずなんですよね。
でも、その時の私にとってはすごい驚きだったのです。

 その話を聞いてからしばらく経った後、私のもとに謙信公祭の
時の写真が2枚届きました。そのうちの1枚が上の写真です。
(画像が悪くてすみません)

 なんと、金津新兵衛役の人が写っているではありませんか!
(小さいですが)
不思議でした。
実は、この写真、金津家本家のおじさんからいただいたものなのです。
(祖父の苗字は金津です。母方の祖父なので私と苗字は違うわけです。)

 おじさんも人から譲られたものなので、故意に撮られたわけ
ではないのです。
それに、おじさんは私がGacktさんファンという事を全く知らな
かったのです。

 とても不思議でうれしい気持ちでした。

 金津新兵衛の話を聞いてから、偶然Gackt謙信とともに写っている
写真がたまたま私のもとに、しかも金津家本家から贈られた・・・。

 なんだかとても偶然とは思えませんでした。

新兵衛氏が自分の事を私たちが話したのを喜んでくれたような、

彼の血が脈々と私たちに受け継がれていることを実感せずには
いられないような、

そんな出来事でした。 
 


高田公園

2008.10.05 - 21:19


 子供の頃から慣れ親しんできた場所で、心が落ち着きます。
今もよくウォーキングしてます。

 春の桜は日本三大夜桜の一つ、夏の蓮は東洋一です。

 幻想的な夜桜、まるで極楽浄土にいるかのような蓮。

 まだ見ていない方はぜひ、一度だけでも見てほしい!と思います。

<高田城>
 慶長19年(1614)松平忠輝(徳川家康の六男)の居城として
築かれました。
 多くの市民の要望に応え、上越市発足20周年記念事業として、
平成5年に再建されました。


マレーボちゃんが扮した謙信の愛馬

2008.10.04 - 21:11


 凛々しく賢そうで美しい白馬のマレーボちゃん。
謙信公祭ではGackt謙信の愛馬役を立派に演じてくれました。

 私の家の近くに謙信の愛馬のお墓があります。
住宅地の一角にぽつんと建っています。

 昔からあそこに何かあるな、とは思っていたのですが目に止まり
ませんでした。
去年、「毘」の旗に惹かれ説明文を読んでみると、なんと川中島の戦い
で謙信が敵陣に斬り込んだ時の馬だそうです。その時に負傷し、
謙信とともに春日山城に帰る途中倒れてしまい、この場所に埋葬
されたそうなのです。
 
 春日山から長野よりに6キロほど離れた高田地区にあるのですが、
その位置からして、川中島に出陣した時や帰り道、ちょうど私の家
のあたりを通っていたことになるのです!

 私はこの事実を初めて知りました。

 謙信の愛馬がひっそりと眠るこの場所、昔は「馬塚町」と
呼ばれていたそうです。


サプライズ卒業式

2008.10.03 - 15:38

 「『謙信公役を演ずることで多くを学んだ。今度は僕から
恩返しをしたい』

と語ったとされる。語り継がれる美談となろう。自ら市役所へ
電話を入れ『第一義』を掲げる高田高を選んだことにも拍手を
送りたい。

 『運は天にあり、よろいは胸にあり、手柄は足にあり』と発した
後に『おのれの力で夢をつかめ』とドラマの世界へ引き込んだ
ガクトさん。
やはり、この人はただ者ではない。
『ありがとう』と感謝したい。」
(3月23日 上越タイムス コラムより)

 3月18日、上越文化会館で行われた高田高校の卒業式。
Gacktさんが突如現れ、卒業生に歌のプレゼントをしてくれたのでした。

「何度か上越に足を運んでくれたから、上越でサプライズ卒業式
はないよね。」

と思っていました。
が、全く予想に反した出来事に度肝を抜かれました。

 「ここは僕にとって第2のふるさと」とその時話してくれたそうです。
その場にいた卒業生だけでなく、私達上越市民も胸がいっぱい
になったのでした。


鮫ケ尾城跡

2008.10.02 - 21:49


 上越の隣にある妙高市飛騨地区にあります。
春日山城を守る重要な支城として機能していました。

 謙信亡き後の後継ぎ争いの「御館の乱」で、追い込まれた上杉景虎
が自害した場所で知られています。

 戦火で焼けた陶磁器や炭化したおにぎりが多数出土されたことから、
戦いの凄まじさがうかがえます。

 初めて本丸跡まで登ってみました。
ここからも日本海が望めます。
きれいな景色でしたが、その当時のことを思うとせつなくなりました。

☆☆☆お知らせ☆☆☆
 上越市観光ホームページに「謙信公祭メモリアルコレクション2008」が掲載されました。


上越文化会館

2008.10.01 - 21:31

 今年は謙信公祭の後、さみしい気持ちを引きずることはありませんでした。
1月にLiveが待っているからですっ!!
初めてのLiveを地元で観れるとは、夢にも思いませんでした。
楽しみです〜!!

 上越文化会館は、市役所の謙信公大通りを挟んで北側にあります。
上越で有名アーティストがLiveをすることは、滅っっっ多にありません。

 Gacktさんのファンになった7年前、いろいろな事情があって遠い街
へLiveを観に行く事ができませんでした。

「上越に来てくれれば観に行けるけど、ありえないよね・・・。」

と、当時の私は思っていました。
それが、ありえてしまいました!!
こんな思いもよらない展開になるとは・・・!

夢はあきらめてはいけませんね。

こんな風に予想外の道筋の末、叶ってしまうこともあるのですから!!
  
☆☆☆お知らせ☆☆☆
 広報じょうえつ10月1日号に、謙信公祭の記事が載りました。
(写真はカラーではないんですが)
上越市ホームページからご覧になれますよ〜!


Save Our Dears

2008.10.01 - 09:07

 Gacktさんから「地震の復興に役立ててほしい」と、新潟県に義援金が
寄せられました。
 Gacktさん、賛同してくださったDearsの皆様、本当にありがとうございました。
 私達新潟県民は、このご恩を絶対に忘れません。

 去年の12月10日、エネルの殿様日記にSave Our Dearsのことが載りました。
 その日記を読んだ途端、目に涙が溢れました。

 「こんなにも震災の事を心配してくれてたんだ・・・」

と思うと、後から後から涙が溢れ出し、しばらく止まりませんでした。

 私は新潟県民ながらも、チャリティーグッズのあの綺麗でかわいい
ハート型のキーポルダーが欲しくなり、迷った挙句、購入することに。

 が、すでに完売!!

 私が迷っている間に、たくさんの方々が購入してくださったんですね。

 あのキーホルダーは手に入らなかったけど、
 でも、
 とてもうれしかったのです。

 本当にありがとうございました。
 何度お礼を言っても足りません。
 心から感謝しています。