謙信公祭から1か月

2008.09.22 - 09:42

 少し前まで残暑が厳しかったのに、今朝の上越は肌寒いくらい。コスモスやすすきが風に揺れているのを見ると「もう秋なんだなぁ」と感じます。

 さて、謙信公祭への出陣にあたってのGacktさんのメッセージにこんな言葉がありました。
 「謙信公祭が日本を代表する祭の一つになってくれればと心から願っています。」
 この言葉には正直驚きました。上越市民でもこんな風に考える人は少ないかもしれないからです。
 自分の使命を果たすべく、再び謙信公祭への参加を決めてくれたGacktさんの熱い思いに、涙がにじんでしまった私でした。

トラックバックURL

このブログにトラックバックをするにはログインが必要です
今すぐ無料登録 | ログイン


コメント

h_h/2008.09.22 - 15:37 ×

こんにちは、始めまして!
h_hと申します。
上越の方なんですね〜 私も8月にお邪魔しました〜
1月にもお邪魔する予定です ♪

もう秋なんですねぇ〜
まもなく、日本海からの風が冷たくなってくるのでしょうね。
雪の上越、今からとても楽しみなんですよ〜

またコチラにもお邪魔させてくださいね^^

eiko/2008.09.22 - 20:55 ×

コメントありがとうございます!!すっごくうれしいです。
1月にLIVEにいらっしゃるのですね?私は今回はじめてなんです。ドキドキです。
 上越のことで知りたいことがあれば教えてください。意見・要望、だめ出しなどなんでもいいので感想を聞かせてください!

み〜♪/2008.09.22 - 21:07 ×

こんばんは。

はじめまして み〜♪と申します。
私も 上越在住です。

私も同じ事を感じていました。
「この祭りは この街の財産」ということもまったくその通りだと改めて思いました。
Gacktさんの熱い想い。祭りの意味。届けなければいけない心。強く感じました。
本当に 日本を代表する祭の一つにしていかなければと・・・市民の大半は改めて気ずかされたのではないでしょうか。
Gacktさんの言葉は感動でしたね!!

これからも 日記楽しみにしています(^-^)/


この記事にコメントする
削除パスワード:

はじめまして | 来年の謙信公祭のゲスト