直峰(のうみね)城跡

2008.11.14 - 10:01


 上越市安塚区にある直峰城跡に行ってきました。

 直峰城は南北朝時代(1335〜1392)、南朝方の雄将風間信濃守
信昭公(かざましなののかみのぶあきこう)の居城でした。
 
 謙信公の時代には、春日山城から関東へ抜ける要衝であり、謙信公
は関東遠征の際、1泊目の宿泊地にしたとも伝えられています。

 謙信公がこの世を去ると、「御館の乱」が起こり、春日山城・直峰城
を押さえた景勝が勝利しました。景勝は、大河ドラマ「天地人」の主人
公直江兼続の実父樋口惣右衛門兼豊(ひぐちそうえもんかねとよ)を
天正12年(1584)御館の乱の功績により、直峰城主としました。

 慶長3年(1598)、豊臣秀吉の命で、上杉家は会津移封、その移封
に従い樋口惣右衛門兼豊も同行しました。息子の兼続は米沢を
治めることになり、米沢には最近まで「直峰町」と呼ばれる町名が
ありました。

 直峰城は徳川時代になり、廃城となりました。

(直峰城周辺マップより)


 画像は、本丸跡です。
 左側にあるのが風間信濃守信昭公の顕彰碑です。

トラックバックURL

このブログにトラックバックをするにはログインが必要です
今すぐ無料登録 | ログイン


コメント

ERI/2008.11.17 - 20:52 ×

直峰城は「御館の乱」ゆかりの地なんですね。

景虎が能を舞うシーンが撮影されたそうです。

圧巻の美しさです。

関東1の美青年と言われた景虎。

最期は余りにも悲しいです。


何度も書いていますが謙信公が跡目を誰にするのか

それをはっきり残して置いてくれたら時代も大きく変わっていたでしょうね。

eiko/2008.11.18 - 09:49 ×

ERIさん そうですね。
「天地人」を読むまで、景虎は人質生活が長かったため、
繊細で影のある人という印象が強かったのですが、
「天地人」ではプライドが高く華やかな感じで描かれて
いて意外でした。

 ところで、春日山城再建の話しですが、再建派と
壊れた道やくずれている場所を修復するに留める派に
分かれているそうですよ。
私も人づてで聞いたのですが、FM上越で話していた
そうです。

 


この記事にコメントする
削除パスワード:

遊歩道 | 春日山方面を望む