錯覚

2008.12.11 - 15:15

 去年の今頃の私は、ちょっとおかしかったように思います。
「風林火山」の放送が進むにつれ、今尚、春日山城が存在していて
その城主がGacktさんで、上越市民を見守ってくれているような、
そんな錯覚に陥っていました。
現実と虚構、過去と現在が交差した世界に暮らしていたような感じ
です。でも、それを楽しんでいました。
謙信の家臣、金津新兵衛が家の祖先なんて聞いてしまったからなお
さらです。自分までGacktさんと縁があることが発覚したかのような
思いにまでとらわれてしまいました。
思い込みも甚だしいですね!

 そして、今、その気持ちを若干引きずっていますが、上越で
Gacktさんのライブを観れることが信じられない自分もいます。

 いよいよ、ツアーが始まるんですね!
初日にライブを観に行く人は今どんな気持ちなんでしょう!!

トラックバックURL

このブログにトラックバックをするにはログインが必要です
今すぐ無料登録 | ログイン


コメント

YURIKO/2008.12.11 - 21:41 ×

祖先が上杉謙信の家臣だったんですかー!?
スゴイですね!!(・0・)

周りに廻って今、Gacktさんと出逢ったって素敵ですねー。
やっぱり縁があるんですよ!

eiko/2008.12.12 - 11:09 ×

YURIKOさん コメントを読んでじ〜んとしてしまいました。
Gacktさんとの縁、そうなのでしょうか・・・。
新兵衛氏のことは去年初めて知ったんですよ。
それにまつわる不思議な出来事について10月6、7日の
ブログに書いたので読んでみてください!
(Gackt謙信の写真1、2です)


この記事にコメントする
削除パスワード:

もしも謙信が軍人だったら | 謙信公出陣御前清水