国宝法隆寺&風林火山

2008.05.19 - 00:53

奈良法隆寺日本最古の木造建築。
聖徳太子が607年に建立しました。

6月14日から7月21日まで飛鳥時代を代表する仏像が公開されます。

中でも木造四天王立像(国宝)そして景虎様が熱く信仰した毘沙門天像も公開されます。




これは遥か遠い平安時代に建立された仏像です。

「風林火山」に登場する毘沙門天像と比べると少しふっくらとしたお姿をしています。

奈良国立博物館
http://www.narahaku.go.jp/exhib/2008toku/horyuji/horyuji-05.htm

奈良は遷都を控えて今注目の地ですね。



ここで少し話題を変えてDVDも届いて

「風林火山」の思い出が再度燃え上がっている事と思います。




私は沢山の名場面の中で少し違った観点から景虎様の萌えポイントをかってに探してみました。


気を悪くされたらごめんなさいm(_ _)m


以前にも書きましたが私は何故か景虎様が両手でメイッパイ障子を開ける場面が大好きなんです。

何もあんなに開けなくてもと思ってしまいます。
しかしそのシーンが結構あってそれを観ては1人喜んでいました(*^m^*)

特に夜伽の場面。

激高して強く障子を開ける場面が1番萌えます。





そして豪華な水干の衣装を着て廊下を歩く時両手を重ねていますね。

それが聖徳太子のようでとても高貴な感じを受けます☆★☆★☆★☆★☆★

座る時は必ず両手を横に広げる所作も美しいです。





そして最後に軍議のシーン。

一段高い畳の上に座り静かに瞳を閉じているシーン。
まさに神々しいとはこの事をいうのだと思います★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜

『景虎様は永久に不滅です』・・・・・・---−−−☆