Gacktさん名古屋 栄に

2009.02.26 - 23:50

今日のニュースを見て驚きました。

Gacktさん名古屋でトークショー!!

何時も名古屋は東京・大阪に先を越されて
悔しい思いをしてきました。


それが今回「SUNSHINE SAKAE」にあのGackt様がいらっしゃる。

こんに嬉しい事がありますか!!





もう頭の中嬉しさと逢いたい気持ちで大混乱しています。


まずは登録。

しかし当然の如く抽選。

その幸運のメールを頂けるのは誰なのでしょうか??





私籤運悪いからな!!

ああぁぁ
毘沙門天様どうぞご加護をお願い致します。




名古屋はパチンコ発祥の地。

この神聖なる場にGacktさんがおいでになる。


これだけでこの上もない幸せ感で胸が一杯です。




外れても別の場所で観られるということで
これは行くしかないでしょう!!


英雄春日山にて永遠の眠りに

2009.02.23 - 23:45

謙信公倒れてしまいましたね。

次回「謙信死す」


謙信公は3月13日に亡くなるんですけれど謙信公は自らの死を予感していたか如く




死の1ヶ月前京都の画工に寿像を作るようにと

そして時世の句も残しています。


あの有名な「四十九年 一睡の夢 一期の栄華 一盃の酒」



(人生49年一瞬の夢の如く
ひと時の栄華も一杯の酒の旨さと変わらぬ)





そしてその寿像が完成した日が13日
奇しくも謙信公が亡くなった日だったんです。





謙信公はお酒が大好きそして梅干を肴に飲んでいたそうです。

これが原因で脳卒中で亡くなったと言われています。






「天地人」を観ながら謙信公の義。
誰もが天下取りを目指す中唯一それをしなかった聖将


「人が人であることの美しさよ」
いい言葉ですね。


謙信公の生き方まさに義に導かれた「第一義」

このことを実感する思いです。







来週は「謙信死す」

いよいよ亡くなってしまうんですね。
史実ではお手洗いで倒れたとなっていますが

ドラマでは脚色しますね。



琵琶を奏でている時に倒れる
今回女性が脚本を書いていますから





「スタジオパーク」桃仙院様役の高島礼子さんが


「謙信公が亡くなる時変わった芝居をする」と言っていました。

どんな最期を迎えるのか悲しいけれど気になりますね。




ドラマはここから大きく変動し骨肉の争いへと入って行きます。









御館(おだて)の乱に突入すると「風林火山」にも登場した信玄の恋人高坂弾正が登場します。



高坂は武田きっての知将。


そして由布姫の子勝頼も出てきます。


勝頼の妹で信玄の娘菊姫が殿と結婚することになります。







12年もの間川中島で戦った
かつての敵上杉と武田
この両者が手を組む事になるんです。





戦国の世生き残るためには綺麗毎など言ってられないほど厳しいのでしょうね。







史実によると謙信公は景虎様に跡目を継いで欲しかったと書かれている本が多いです。


しかし明確な遺言は無くそれが御館の乱へと。



この御館とは謙信公が前の関東管領上杉憲政を御館に住まわせ労っていた場所です。




あの優しい兼続が殿のために鬼になる。
強い兼続も楽しみですね。


Gacktさんのサイン

2009.02.20 - 18:21

Gacktさんは今まで色々なサインを書いていますよね。

余り前の事は分かりませんが
以前はフルネームの英語でイラスト(デビルくん?)まで書いてありましたね。

あのサイン懐かしいですね。





それから名前だけの表記になり
シンプルになったんですね。

去年は一見イカにも見えるまさに「シンプル・ザ・ベスト」

今年はセンターに縦のラインを入れて
クロスのように見えますね。


ライヴロゴを意識したのかな??





この英語のサインも凄く素敵ですけれど



私はGacktさんが書く神威楽斗
これが1番好きです。



何でも出来てしまうGacktさん
その中でももの凄い達筆。

隣に景虎の文字があればもう最高です。



Gacktさんの直筆サインを持っている方がとてもとても羨ましいです。

雑誌の懸賞に出してもまず当選しないもんね!!



泣ける大河ですね「天地人」は

2009.02.16 - 22:13

母が亡くなる場面子役時回想シーンもあいまって涙でした。

毎回涙ける場面がありますね。
今回は上田の庄と雲洞庵


雲洞庵には実際に行ったので観ていて行った時の思い出が蘇りました。

ブッキーの泣き顔は本当可愛いですね。




もっと観たいと思ったら「もう2度と泣きませぬ」何て言っていましたから涙は今回で封印なのかな??




謙信公今回は出番が少なかったですが相変わらずの迫力。


冒頭の場面夢だったんだ。

予告で観たとき「何 この場面」!!

夢なら納得できます。




軍議の時

景虎様は何時も自分の意見を押しますね。
積極的で。

対する殿は消極的。
そこも上手く対比して描いていると思いました。



謙信公が北条を攻めると言った時真っ先に異を唱えたので景虎様

北条と言えば自分の実家。

そういう思いが少しはあったのかな

自分を裏切ったにしろ血の繋がりのある北条家。





北条と言えば「風林火山」

Gackt謙信が心が揺れた伊勢が出てきたあのシーン。

2人の会話に凄い緊張感を持って観ていたのを思い出しました。



次週謙信公は病に倒れます。
もうあと僅かなんですね。

もっと観ていたいのに。

亡くなったら壷に入れられるそうです。

謙信公が亡くなる場面泣いてしまうだろうな。




風林火山のテーマが

2009.02.15 - 01:08

今日「世界1受けたい授業」

日本史であの「風林火山」のテーマか゜

懐かしいそして嬉しい!!

どうして流れたかというとあの武田信玄の軍配。






Gackt謙信と一騎討ちをした時に持っていたあの軍配です。



なんと500年の時を超えて平成の世に本物が残っているんです。

なにか鳥肌ものです。

そしてその時流されたのが「風林火山」のオープニング。







あの軍配馬の毛で作られているそうです。





謙信公が浴びせた7闘打の跡が無かったのがとても残念ではありますが


まさかTVとはいえ信玄が手にしていた軍配が観られた事は凄く感激です。





鑑定もするのですが値段のつけようがないくらい貴重なものだそうです。










そして今日バレンタインデーとあって信玄の恋文が紹介されていました。



信玄は側室も沢山いましたが

男の恋人もいたんです。








「風林火山」にも登場した高坂弾正忠昌信です。


その端正な容姿から早くから信玄の寵臣となりました。





信玄が弥太郎と浮気をしたと高坂弾正忠昌信が激怒して


それに謝罪の手紙を出したそうです。






甲斐の虎と恐れながらも恋に対しては女性のように繊細だったんですね。




史実を実際に大河で放送するわけには行かず


りつの婿養子になりましたね。








戦国の世は下克上渦巻く暴虐の時代。
いつ家臣が主君を裏切るかもしれない世。

故に家臣と深い関係を結んだそうです。







ということは「天地人」兼続と殿はやはりそういう関係だったのでしょうか??



生涯No2で主君景勝を支えた。

それは戦国の世にあってはまさに稀有。



何事にもけして揺るがない深き絆

そんな2人の姿を観ているとそう感じずにはいられません。



バレンタインデーまであと少し

2009.02.11 - 18:56

あと3日でバレンタインデー。
チョコ売り場やそれに+してプレゼントを買う人で賑わう中。



私はGacktさんの「Love Letter」を久しぶりに聴きました。

このアルバムはGacktさん珠玉のバラード集。

この時季に聴くのにはまさにぴったりです。


どの曲も溢れんばかりの優しい愛が伝わってきます。





最近はハードな曲が多いGacktさんですけれど、こういうバラードもまた格別な感動を覚えます。

こんな恋愛が出来たらどんなに素晴らしいか。


好きな人に想いを伝えられない切ない曲もありますけれど。



片思いというのはまたそれはそれで心が熱くなり辛いなかに合っても何か幸せ感を感じてしまう。

Gacktさんの曲を聴きながらそう実感しました。






そして懐かしい今はないザッピイー

「Gacktさんのお帰りメッセージ」

これもう堪りませんね。



落ち込んだ時にこんな優しい言葉をかけてもらったら嫌な事も一瞬の内に消えてしまうでしょう。



Gacktさんの手料理が食べられる人は世界1幸せな人です。





第6回 「いざ 初陣」

2009.02.09 - 22:13

「天地人」今回はスポットライトを当てるという斬新な演出。

視聴率は前回より少しUPの24.4%

初めて生死を賭ける戦に出て悪銭苦闘する
兼続たちでした。



上田衆
蜘蛛や蛇に驚いているわ
兼続は木の下敷きになって大騒動。


なにせ兼続はこの時若干17
ちなみに殿は21

命ごいする相手を斬れなかったと殿に謝る場面。


殿縁側に椅子まで上げて座る事もないのに
私は縁側に座っている殿が好きです。



謝る兼続に「もう2度と謝るな」「強くなれ」厳しい中にも優しさが感じられるシーンでした。









今回殿と景虎様の会話が出てきました。
何かドキドキしました。

お互い本音は言ってないような。
心ねを探っているかのような。



この2人が後に「御館の乱」で骨肉の争いへと……。



徐々に互いの家臣同士が言い争う場面が出て「御館の乱」への序章のようです。











犬の名を巡っての殺陣は迫力満点でした。





殿の後ろを涙目で歩く兼続。
殿は険しい顔で先を行く。

謙信公は月を見ながらお酒を飲んでいる。








殿普段は余り喋らないのですがやる時はやるんですね。


「家臣の不始末は上にたつ自分の責任
罰は私が受けます」

その言葉に「殿が悪いのではありません」






お互いにかばい合うところが50年以上その命が尽きるまで主従の絆を結んだ2人の美しき絆を感じずにはいられません。





傷心の兼続そして前を歩く殿。

再度謝る兼続に

「このたわけものが」

今まで見せたことのないほどの強い口調で
兼続を叱責する殿。

しかし殿の目にも涙が。





去っていく殿。
1人残れた兼続に雪がしんしん降ってくる。








来週は雲洞庵が登場します。
兼続がどのように成長するのか楽しみです。


「感染列島」を観て

2009.02.08 - 00:20

今日「感染列島」を観て来ました。
公開から3週間過ぎた土曜日。

もう空いているだろうと思ったらこれがほぼ満席の状態でした。

この映画を観て感じた事はウイルスの脅威です。




映画はある1人の患者が救急病院に搬送された事から始まります。


その患者は高熱・吐血など多臓器不全で亡くなるんですが


その時は感染症とは分からないので防護服を着てない状態です。


その時患者から吐血した血液が顔にかかる。

そしてその医師も感染し亡くなってしまう。








この時心が痛くなった台詞があるんです。

「怖い あれだけ人の死を見てきたのに 自分の番が来ると怖い」



この映画は沢山の人たちが悲惨な死を遂げて逝きます。



血にまみれ苦しみ中で亡くなっていく。
そして亡くなった後でも感染防止のシートに包まれる。








ブレイムと名づけられたこのウイルスと戦うのが妻夫木くん演じる松岡と元恋人壇れいさん演じる栄子。


戦いの中で2人の微妙な関係がこの映画でのある意味救いなっていると思いました。






栄子が感染して亡くなる場面は泣きました。

新しい治療方を自分の体で試すという最後まで医師であり続けた彼女。


ベッドに横たわるその目からは血の涙が一筋流れ落ちる。

それをみた松岡は部屋を飛び出し泣き叫ぶ。


この場面も涙です。
泣いている人も多かったです。









栄子が言った「たとえ明日地球が滅びるとも 今日 君はリンゴの樹を植える」



この言葉と共に命の大切さそして何時来るか分からないパンドミック(感染爆発)



この映画を通じ生きるという事の意味を強く考えさせられました。

素晴らしい作品だと思います。


監督は「MOON CHILD」瀬の監督です。


結婚したくなってしまうね。この姿に

2009.02.05 - 19:48

ここ数日は落ち込んで食事も食べたくなくって食欲中枢の近くに何とか中枢があって

それによって気分で食欲が無くなったり逆に沢山食べてしまうそうで。



本当人間の心というものは不思議ですね。





週刊誌で「殿つながり」を見たらこれまた元気になりました。



ブッキーは殿の北村さんともう一人の殿松岡くんと楽しく港区の夜を飲んで歌って過ごしたとか。



その3人の写真が何とトップに来ているの!!



プロのカメラは凄いね。

暗い中こんなにはっきり撮れるなんて。
圧巻です。


そして3日節分にブッキーは成田山で豆をまき

殿は京都でブライダル・ファッションショーに出演。



何々北村さんモデルもしてたの??


「天地人」では景虎様と対比して地味な着物姿。


それに贖うかのような輝くタキシード。
素敵。

結婚したくなりました(笑い)


おおさか報知


タキシード


届かない想い

2009.02.04 - 22:57

何か今深い海の底にいるよな虚無感で体が重いです。


生きているとどうしてこんなに悲しい出来事に遭わなくてはならないのか。


人との触れ合いとは難しいものですね。


何気ない言葉で相手を傷つけてしまう。
でもそんな事は考えてもいないのに。



今はメール。
それでも伝えるのは言葉。

そう「言霊」なんです。


キーを押して送信してしまったならもう後戻りは出来ないのです。



大切な友人が去って行き自分を責め続ける日々。


許されるものならもう一度語り合いたい。

「一期一会」


この言葉を噛み締めそして夜がまた今日も訪れ涙する冬の夜。




「TSUTAYA」CMを観ていて

2009.02.03 - 19:08

ポストという言葉8回でてきますね。

何故に気になって数えてしまうんです(笑い)

たかの友梨のような華麗なCMも素敵ですけれど。

かつてのフジフィルムのようなコミカルなCMも実に楽しいです。





Gacktさん「あっ」このひと言だけですけれど凄いインパクト。


クールビューティなGacktさんがポストに寄りかかっている!!


ポスト=ガクト



この語尾が何処か似ていて1度観たら忘れられなくなります。




あの赤いポストになりたいと思う私なのでした(笑い)


♪忘れないから〜♪

バイクで颯爽と走るあのお姿を思い出しいい気持ち。







ドラマ・映画で出演出来なかった「たかの友梨」エステCM

今年は是非ぜひ米倉さんとのその後が観たいです。


美しいだろうな!!