救急医療崩壊

2008.03.19 - 23:17

今報道ステーションを観ていて緊急医療についての特集をしていました。

今は救急車を呼んでも搬送先の病院が決まらないいわゆる「たらい回し」が問題視されています。

そこには医師と看護師不足と国からの予算わずか900万円という状況下があるそうです。

病院も赤字で次々と緊急医療から撤退しているのが現状です。

救急車を呼べばすぐに診てもらえるという考えは崩れつつあります。

私も最近救急車に乗りましたが1件満床で断られました。

病院に着いても外科の先生がまだ来ていないという事で2時間以上待たされました。

人間何時急病になるか分かりません。

国も予算を緊急医療にもっとまわして欲しいと思いました。

そうしないと助かる命も助からなくなります。




トラックバックURL

このブログにトラックバックをするにはログインが必要です
今すぐ無料登録 | ログイン


この記事にコメントする

このブログにコメントをするにはログインが必要です
今すぐ無料登録 | ログイン


「ホカベン」 | 桜その美の世界