『「天地人」上杉景勝・直江兼続・軒猿の面白話』

2008.07.15 - 01:41

偉大な叔父謙信公に隠れて知名度は余り知られていませんがこの景勝は家臣に戦よりも景勝の方が恐ろしいと言わしめたほどの武将だったんです。

そんな景勝の面白話があるんです。

これはとても面白いです(^∇^) アハハ!





景勝は生涯に1度しか笑わなかった武将。
そんな人いるんですかね??


それにしても亀さん信玄は豪快に笑っていましたねヾ(@^∇^@)ノ ワハハハ





景勝が何に笑ったと思いますかヽ(´〜`;)ウーン

興味が沸きますよね。

それはこの猿が大きく係わっています。

景勝は猿を飼って可愛がっていました。

この猿はよく人の気持ちを理解することが出来ました。

ある時景勝が部屋に入ってみるとこの猿が彼の脱いだ帽子をかぶり彼の座所に上がり

腕を交差しながら頷いてあたかも家臣に指図するような素振りをしていたそうです。

これを見た景勝はにっこり笑ったそうです。



越後は山だから猿もいるんだ。

買うなら猫を飼っていて欲しかったです。(猫大好き)

寡黙な知将だったんですね。

幼少の頃(うの松)の時はあんなに可愛かったのに。

ここに上杉景勝・直江兼続・軒猿(緒方定満の場面によく登場しましたね)

この3人のコミカルな物語があります。




物語は色々と変わります。

とにかく笑えます。

数回クリックすると微妙に話しが違って来ます。


戦国浪漫

景勝








トラックバックURL

このブログにトラックバックをするにはログインが必要です
今すぐ無料登録 | ログイン


コメント

あじさい/2008.07.15 - 06:35 ×

よく見つけてきましたね
面白い
ちょっと長いので
歴史的内容は又後ほどゆっくり
とにかく
Gacktさまが 謙信公をなさってから
歴史が好きになり申した^^・・・*

hime/2008.07.15 - 10:00 ×

これ、前のみたいに画像にしてくれないと(爆)

私が読んでる「天と地と」やっと、中が終わりそうです^^;

・・・あと、下か・・・(−−;)

ERI/2008.07.15 - 22:18 ×

あじさいさん
こんばんは☆☆

これ面白いね。
リアルタイムで内容が違うなんて!!!!!

景勝が名古屋弁モードになったのには大笑いしました。

私も以前は日本史でも平安時代が好きでした。


源義経・源氏物語など。

そう何処か雅な感じが好きなんです。

そしてGacktさんが謙信公を演じてから戦国時代も好きになりました。

私の近くにはあの日本1の出世男
「豊臣秀吉」が生まれた場所があります。

「太閤通り」とかがあります。

戦国時代は色々な名将がいますね。

その中でも謙信公が1番好きです。

ERI/2008.07.15 - 22:35 ×

himeちゃん
こんばんは☆☆

私も同感です。

妻ぶきくんと北村さとの掛け合いで(笑い)

来年「天地人」がスタートすればきっと誰かが作ってくれると思います。

この面白話一体何パターンあるのでしょう??

少し前に見たら最後のオチのトコロ。

ふんどしを脱ぎ捨ててとありました!!!!!

あと携帯電話やベンツまで登場して戦国と平成の夢のコラボです。

色々な武将が出できますが知らない人も多いです。

これ書いている人は相当な戦国マニアですね。

戦国武将と聞いて頭に浮かぶ人と言えば

何と言っても謙信公・武田信玄
山本勘助・北条氏康・徳川家康

豊臣秀吉・織田信長・伊達政宗
石田三成・明智光秀・毛利元就
柴田勝家

この最後に書いた柴田勝家ですが

「シバトラ」の主人公

柴田竹虎は柴田勝家と長尾景虎
この2人から名前を取ったのではないかと勝手に推測しています(笑い)

「天と地と」上・中・下
3巻あるんですか。

himeちゃん凄いね。
私ならとても読めません。


この記事にコメントする

このブログにコメントをするにはログインが必要です
今すぐ無料登録 | ログイン


「パリ祭」音楽にのせて花火を`*:;,.★ 〜☆・:.,;* | 上から下からもう止めて(((p(>o<)q)))