謙信公の秘密

2009.03.05 - 18:15

つにい取り上げてくれました。
日本史サスペンス。

大河では絶対描けない上杉謙信と直江兼続

これは観なくては(笑い)




謙信の義について武田信玄・今川義元・北条氏康が討論しておりました。

これは三国同盟ですね。


謙信の義に対する事を言っていました。



それと1番興味深いのはが生涯独身。
不犯を貫き通したという事実。




謙信は上洛した時に美少年を沢山側に置いてお酒を飲んでいたそうです。



不犯とは女性との関係は絶たなければなりませんが男性との関係は良かったそうです。



戦国の世男色はごく当然のように行われてきた時代ですから。






しかしここにとても興味深い話もあるんです。



「風林火山」でも登場した伊勢姫



人の妻ではありませんが伊勢姫と恋に落ちたそうです。

お互いに想いは通じあったのですが回りの家臣に反対され別れたそうです。

失意の姫は19才の若さで亡くなったそうです。



この話を聴くとGackt謙信と伊勢姫のあの場面を思い出してしまいます。

3月31日から「風林火山」再放送がスタートします。

このシーンが観られるのはまだまだ先ですけれど何かドキドキしてきました。





そして今話題の直江兼続。
容姿端麗・頭脳明晰だったそうです。

景勝の小姓ではなく謙信の小姓だったという話もあるほどです。



いづれにしても謙信公に愛されていたのは間違いないと思います。

大河でも「そなたこそがわしの第1の弟子」と言われる場面がありましたね。





謙信公が亡くならなければ信長との天下分け目の戦いがこの時に起きていたと思います。

そして日本の歴史も大きく変わっていたことでしょう。




歴史を語る時Ifという言葉を使うのはどうかと思いますが謙信公のまさに軍神とも思える強さを思う時やはり考えてしまいますね。




それを物語る逸話に武田信玄が亡くなる時

「何かあったら上杉を頼め 上杉には義がある」こう言い残したそうです。

川中島で死闘を繰り返した永遠のライバル信玄にそこまで言わしめる謙信


まさに戦国1強い武将だったと思います。


トラックバックURL

このブログにトラックバックをするにはログインが必要です
今すぐ無料登録 | ログイン


この記事にコメントする

このブログにコメントをするにはログインが必要です
今すぐ無料登録 | ログイン


軍神49年の人生に終焉 | 猫を触って 判るかな??