「風林火山」放送スタート

2009.04.01 - 00:05

いよいよ始まりましたね。「風林火山」

Gacktさんはオープニングで美しい謙信を魅せてくれましたね。

しかしここからGackt謙信登場までが長かった。



もう初回なんてつまらなくて1時間が苦痛でしたから。


勘助とみつの話が最初ですね。

「風林火山」は武田の話を中心に描くので(晴信)信玄が沢山登場します。











今の「天地人」とは間逆ですね。

先回放送の「天地人」


毘沙門天の横に上杉の家紋の布に包まれた壷がありました。

皆さん気づいたかな?



謙信はあの壷に入れられ毘沙門堂に安置されたのです。






殿と兼続が揉めるところは凄かったですね。

殿にあれだけ強い事が言えるのは兼続だけですね。


寡黙で普段感情を出さない殿の怒りの演技も素晴らしかったです。







上杉と武田が和睦する。



「風林火山」では考えられなかったことですからね。



Gackt景虎様が晴信のことを「救いようのない卑怯者」

「いずれ天罰がおちよう」

何といっても12年にも及ぶ「川中島の戦い」を繰り広げた因縁の相手。







しかし25年経った今その武田と和睦するのですから戦国の世というものがいかに厳しいものであったか分かる気がします。




この和睦も一筋縄ではいかないのですね。
願えることなんて日常茶飯事。


乱世に生きた人達は毎日生きた気がしなかったことでしょう。



勝頼が大将の器ではなかった事から自体は大きく変わります。








しかし最後は上杉と武田は和睦。
その証として菊姫が殿の正室となります。





菊姫長年の敵上杉に嫁ぐのですからさぞかし怖かったと思います。


乱世に生きた女性は強かったんですね。



トラックバックURL

このブログにトラックバックをするにはログインが必要です
今すぐ無料登録 | ログイン


この記事にコメントする

このブログにコメントをするにはログインが必要です
今すぐ無料登録 | ログイン


GLADIATOR | 桜と楽しい動物たち