甲斐の城

2009.12.30 - 23:15

 先日の、大阪への飛行機の中の出来事。

○の王国って言う本を何気に手にしたら、風林火山の記事が!!

甲斐の国・山梨県
「疾風風 徐如林 侵掠如火 不動如山」
いわゆる
『風林火山』

『風林火山』とは孫子の言葉で「疾きこと風の如く、徐かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如く」の略ですが、その続きがあることをご存知ですか!?
「知り難きこと陰の如く、動くこと雷ていの如し」と続くそうです。


また、信玄公は名言作りに長けていたようです。
「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵となり」

「城に籠もって運が開けた例がない、大きな城を築いて入るほど家臣がいるなら、国境で合戦すればよい。大将は士を崇敬し、法度・軍法を定め、戦をすることが毎日の作事である。心で譜請することは、城を譜請することよりも大きな作事なり」と言ったとも伝えられています。

現代風に言うならば「箱物=ハードを造るよりも、ソフトが重要」でしょうか!??

トラックバックURL

このブログにトラックバックをするにはログインが必要です
今すぐ無料登録 | ログイン


この記事へのトラックバック

CDTV SP/2010.01.01 - 01:38


この記事にコメントする
削除パスワード:

今年も。。。 | CDTV SP