個性とは?

2010.02.27 - 07:23

個性とは・・・

人それぞれが持っている素敵な素晴らしい
ダイヤモンド原石。

それをどのようにして磨くかは自分次第。

簡単の様に思えて実は難しい磨き方。
*・。☆\(´ω`)ノ☆。・*

自らの能カを駆使して主体的に生きてゆくために最も重要なことは、自分の個性を知り、その個性を何らかの仕事に使うことができるほどの能力にまで発展させることです。

「人間の持つものの中で、自分自身に基礎をおかぬカほど不安定で、はかないものはない」 と詩人のゲーテが言ったように、自分自身に基礎をおいて、つまり自分の個性を生かして仕事をしていなければ決して成功は望めないのです。

そのためには、まず自分という人間の存在に興味 ・ 関心を持ち、その個性を知るための努力をしなければなりません。自分の個性は何なのか。?
つまり、自分とは何者なのか、自分は他の人と比較して何が特徴なのかと考えなければならないのです。

個性的で奇抜なセンスを持った新星アーティストLADY GAGA(私の1つ上の御姉様)さんは、学生時代から人とは違うファッションセンスなどでいじめなどにあっていたようです。
彼女の言葉で「奇抜なファッションセンスの子たちの力になりたい!!堂々と自分らしさや自由な表現を楽しんで欲しい。」と語っていらっしゃいました。

私もどちらかというと個性的なファッション(モード系)なので、ちょっと変ってるファッションかにゃ♪〜(´ε`*)ノ

美大生は個性的であることにこだわりを持っていると言っても過言ではにゃいかにゃ〜(´ω`*)

変わっているというだけで人は笑ったり、こそこそ話などをする現代社会・・・

人と変わっているからこそ、誰にも真似できない独特の感性を表現すること。

「自分はどう生きれば楽しいのか」 という問いは 「自分が真に欲しているものは何なのか」 という問いです。
人間は、自分が欲しているものが何であるかが分かっている時に、それを実行に移すことは可能ですが、自分が何を欲するかについては自分の意志では決められません。「自分が欲するもの」 は決心するものではなく、自然に自分の中に生じるものだからです。

私たちは、自分の中に生じた欲求が何であるかを注意深く認識した上でそれを実行に移さなければならないのです。
こうした行動が原点になって個性が生まれるということは、つまり個性は創造するものではなく、まず気付くべきもの、そしてその後に磨きをかけるものだということです。

自分磨き奥深し・・・
まだまだ精進、日々の努力で明るい未来へ
一歩ずつ歩いて行きまっしょい!!

この記事にコメントする

このブログにコメントをするにはログインが必要です
今すぐ無料登録 | ログイン


花粉辛いにゃ・・・(>\) | 一足御先に春発見!!