Xmasパーティー

2008.12.26 - 23:56


きょう、26日だとしても、私と同じマンションに住んでいる他のフランス人の学生のアパートで、大学のフランス学科の学生たちと7人で、プチクリスマスパーティーをしました。

パーティーというより、こたつの上で食事したと言ったら、もっと正しいと思います。^^

きのうの晩、部屋を飾ったときに、翌日は22時に待ち合わせすると確認されました。

けれども、今朝、10時半ぐらいに、電話がかかってきました。
夜じゃなくて、待ち合わせは午前10時でした。

誤解したのは、私じゃありませんでしたが、昼はゆっくりしようと思っても、早く準備しなければならなくなりました。

ちょっと行きたくなかったんですが。^^

でも、行きました。

下のアパートについに入りました。

お皿はもうテーブルの上に並べられたんです。

その人・・・ほとんど初対面でした。
他のフランス人の学生の友達です。

私は、大学で外国人学生交流会というイベントがあったときに、色々な人と話しましたが、それだけでした。

パーティーで、どんな話したか覚えていませんが、誰かが言ったことばが記憶に残っています。

あの人が卒業した後のために就職活動しているそうですが、「ずっと親のお金で生活したい」、「大人になりたくない」とか言いました。

私は、その見方があまり分かりません。
言いたいことは分かりますが、どうしてそういうリアクションがあるのかとは分かりません。

年をとりたくない人の考えもあまり理解できません。

年をとることによる経験が精神を豊かにするとずっと前から思いますから。
私が思想の若い人があまり好きじゃないと言っても、間違いではないと思います。

だから、幼い頃からいつも年上の人に興味がある私です。(笑)

私と同じ年齢の男の子と付き合ってることも、想像しづらいです。(苦笑)

男の子と言えば、それはパーティーで足らなかったことです。(笑)
なんとなく私は女の子と話している時に早くつまらなくなってしまいます。

多分人によって違います。
友人が女ですから。(笑)

でも、大体相手が男の子だったら、話している内容が女の子と話している時の内容と違います。
振る舞い方も違います。

はは
人間関係って複雑な話ですよね。(笑)


Mood:眠
Music: Gackt - 12月のLove song (2004)
文句一つ「見上げた空に粉雪が舞い降りて/いたずらに二人の距離をそっと近づける」