恋愛について

2009.02.07 - 20:51


仕事があった日のきょうです。
6歳の小さい日本人にフランス語を教えるという。

出かける前のlazuliの気持ちは「行きたくな〜い」でした。
でも、予想したことより大変じゃなかったのです。
きょうは・・・フランス語だけでしゃべったので、子どもの行動は全く違いました。^0^

はは、やっと見つけたと嬉しいです。^^V
来週もフランス語ばかりにしようと思っています。

大人のレッソンもそうしようかな・・・と考えています。


それ以外、きょうのことだったら、地下鉄に乗ったときに、隣の台車に私より若い女の子がいました。

時々、電車でメイクする女の子がいますが、今回の彼女はヘアを整えていたのです。

ポケットミラーをひざに乗せて、ヘアアイロンで髪をカールさせていたのです。

私は、もちろん驚きました。

なぜ女性が電車の中でメイクをするか、理解できません。

今回はヘアでしたから、さらに驚きました。

最終にヘアワックスとヘアスプレーでカールを直しました。

何でこんな所で・・・など思いました。
ヘアスタイルもメイクも、きちんとした格好でしたから、私も少し頑張ったらよかったのに・・・ということも思い浮かびました。*息*

きれいであるということ、大事かもしれませんが、きれいでいても誰もが見てくれないときれいでありたいという欲望も失ってしまいます。


語りたい話に戻ると、それはきのうの逸話なのです。

授業が始まるまで少し時間がありましたが、それは級友のジャンジャンさん(韓国人・男性)と話すきっかけになりました。

彼に話したくても、どんな話するか思い付かなかったりして、ついに彼の彼女について聞いてしまったのです。

以前、彼女は日本人で東京に住んでいると言っていました。
二人はほとんど会わないそうです。


彼女を愛しているとか聞いてしまったら、分からないとジャンジャンが答えました。

まぁ、愛していなくても、好きでしょう?と再び聞いてみたら・・・分からないなどが返事でした。

愛しているとかは結婚の前の話じゃないと言われました。

MYA
私もここが分かりません。
彼女に付き合っているので、気持ちがあるはずだと思いましたが、あるかどうか彼自身も知りません。

へッ?と思いました。
好きじゃなければ、どうして彼女と付き合っているの?
lazuliは理解できません。
中学生、高校生だったら分かりますが、私たちの年齢になると、それはもう遊びじゃないでしょう。

本当に分かりません。

または結婚の話・・・
アジアだと、今日にも恋愛結婚ではない結婚がまだ多いようです。。。

結婚・・・
したら、理由はその男を愛しているからだという意味があると私が思っています。
でも、違うみたい・・・

愛を信じている人はもういないということですか?


なぜ人が相手を深く愛していなくても結婚してしまうのかと、なんとなく分かります。
でも、それは私はそうではありません。

差が実にあります。
それは文化の違いか、私はそれは理念の差だと思っています。

色々なことについて、自分の考えがありますが、私にそれが普通だと思っても、普通ではありません。。。


私は、東洋人の精神はまだ分かっていません。
私が知っていることととても違っていて、基本も違うのだという気がして、別の世界と同じようにです。
経験として面白いかもしれませんが、結局私の求めていることと類似点が少ないという結論です。

一方、向こうで表れのできないことがここで存在します。

例えば、誰かに何を言っても文句されたり、バカにされたりすることなどはないので、私は自分でいることが許されたと思ってしまいます。
そういうような甘さを感じるのは初めてです。


同じジャンジャンに、彼氏を探したら?と言われました。。。

ははは 無理です。
私は 別にいいんだヨ!と思いながら、ただ遊びだけ興味がないし、邪魔になったらダメだと言い訳のような答えをしました。^^;;;


ここに来る前に、来た後に、みんなにだんなを見つけてね!とアドバイスされましたが・・・ちょっと結婚の話とかやめてくれない?と今は思っています。(苦笑)



PS:あ、明日は早く起きなきゃ・・・
MYA☆ 見たいTV番組があるから・・・☆

PS2:またレポートがあるけど、アイデアがないので書けない・・・
自由なテーマで、異文化接触に関するメッセージを感じられるものだといいという。
みぇーんどぅぅー...TT


Mood:コーヒー
Music: Gackt - Blue Lagoon〜深海〜


文楽

2009.02.07 - 13:56


仕事に行く前に、ブログを更新します。
仕事に行くと、別のことが頭に入ってきるため、別の話、別の気分になってしまいます。

タイトルどおり、話題は「文楽」になっています。(笑)


きのうの授業で勉強しました。

実は、あの授業では、日本の伝統芸能を勉強し始めた時に、配ったプリントに能・狂言、歌舞伎の後は、文楽も書いてありました。

だから、文楽も勉強すると思いました。
楽しみにしていました。

でも、歌舞伎を勉強した後は、授業の内容は経済について戻りました。TT;


文楽は?と先生に聞いてみたら、勉強するつもりがなかったんだと返事でした。

しかし、私の依頼があって、結局最後の授業に勉強することにしてくれました。^0^

文楽は映画『BUNRAKU』のことがありますから、どんなことか興味があります。

そして、映画についてのコメントを読んだら、文楽から影響を受けたというようなコメントもありますから、そのコメントに対して批判できるようになるために、さらに興味を持っていたのです。

知識がないとクリティカルな見方が出来なくて、その意見は評価がありませんから。


文楽プリント - by lazuli
学校のプリント


授業で勉強して、上演より舞台の裏にあることが気になりました。^^

先生がテープを見せてくれたので、その裏が見られたということです。

凄いと思ったのは、人形を操る人が3人で人形を動かしていることです。
いつ自分が人形を動かしたらいいかというタイミングを守るのは難しそうですから。
その協調が凄いと思いました。

そして、人形本体も結構面白いです。
手は、指が多関節であるので、びっくろしました。
首(かしら)への整備なども凄いです。
髪の毛の整理、顔のメイクなどです。

本当にこの部分はとても面白かったです。
ところで、見たの最近NHKで放送されたものですから、皆さんも見たかもしれません。

大阪にある国立文楽劇場という場所の裏舞台でした。

とても面白かったです。

正直、私は伝統芸能はあまり好きではないですが、舞台の上より裏で起こるものに関心があります。

それはずっと前からの興味です。



きょうもお仕事ですが、行きたくないです。TT

機嫌がまた悪くなってしまいますから・・・



Mood:行きたくねぇ〜い
Music: Gackt - GHOST