寒いぃ・・・

2009.03.13 - 23:24


きょうは・・・一日中雨でした。

大雨じゃないですが、一日中雨が窓ガラスを叩いている音が聞こえました。
今は・・・その雨と強い風が聞こえます。

きょうも何もしなかったです。

手紙を書きました。

そして、銀行から送金のお知らせが来て、部屋を出かけて家賃を払いに行きました。


夜は、同じマンションに住んでいる、同じ大学から来た、同年の女の子がドアをノックして、私に資料を渡してくれました。

あの資料・・・
向こうの大学と問題があって、行政的にあそこの大学に学生として登録していても、試験には登録していないそうで、成績があっても、それは入力できなくて単位がもらえないということになっています。
面倒くさい・・・

だから、早速その資料を記入して、説明も書いた後、封筒に入れて大学の住所を書きました。

その住所を書きながら、去年住んでいたその大学の近くにある寮のことを思い出しました。
あそこには戻りたくないです。
不安感、とても強いです。

場所がきれいだというわけもないし、人も親切ではないし・・・


戻りたくないです。

でも、何をやりたいか、自分も知りません。
やりたいことはもう別に気にしませんが、未来にいる私について心配です。

どんな人になるか、どんな生活になるか、どんな環境で生きるか・・・色々なところが心配です。

私はもう何もやりたくないので、仕事などとして何がやりたいかと分からなくても大丈夫です。

しかし、どんな者になるか、それは気にしています。


そう、将来のことを考えると少し怖くなります。
今あることは多分変わっていって、今の安全が無くなるということも可能ですから。。。


私、いつか帰ります。
たぶん、こちらでいるためにどんな仕事でも頑張ることが出来ないと思います。

今、奨学金がもらうので、苦しくても一生懸命働かなくてもいいですが、そのお金がないと、必死にバイトをやらないといけないことになるかもしれません。
私には・・・もう刺激がないので、そんなことにはなりません。
それを理解しています。



今、暖房から出てくる風が冷たくて、それで病気になるかも・・・>o<#



lazuliは、元々悲観主義者ですが、年を取れば取るほどそれは深刻化します。
それが変わるために、奇跡が必要でしょう。(苦笑)


さて、きょうは金曜日で13日ですが、運にかかる特別な日だという伝説があります。
人によって、それは幸運の日か悪運の日になっていますが、私は、別に、ただ普通の一人ぼっちで過ごした日でした。




Mood: 崩壊
Music: Gackt - Mizérable (The Sixth Day)