オトコ祭

2010.03.22 - 01:09


今の時間、終わったでしょう・・・。

どうだったのでしょう?


きのう寝る前にはGACKTさんのブログを調べました。
更新でした。

漢(オトコ)祭の前、きっと更新してくれると予感がありました。

「喧嘩」っていうことばを読んだら、なるほど・・・と分かった気がしました。
ライヴもこのような面があるかもしれません。対決みたいなこと。

さっきコミュニティーのニュースから知りましたが、この漢祭のために誕生したYFC(YELLOW FRIED CHICKENs)というバンドは全国ツアーが決定されたようです。
驚きました。
「男性限定」というつもりじゃなかったの?

ニュースを読んで、最初に少しがっかりしました。
男性限定なら男性限定だろう。最後まで男性限定という設定にしたほうがいいだろう・・・

一方、私も見たいと希望している女性のファンにとって、まさかのお知らせなのでしょうね。

いきなり行きたくなったとしても、私は行けません。
とにかく行けませんから、辛いです。

私が帰国してから、もう多少のイベントやライヴが行われて、行けませんでした。
これからも開催するイベントは参加できないのでしょう。

非常に辛いです。

日本に行く前にもライヴやイベントのお知らせがたくさんありましたが、いつか私も参加するからと、夢を信じてこれほど辛くはなかったし、楽しみにしていたので、ワクワクでした。
でも、帰国して、心の中は二度と来日できないというように感じます。

この結果、何かが発表される度に、胸が締めつけられます。

もちろん、また行きたいですが、実際に予定は決まっていません。
欲望を抱いても、具体的にこれを満たす方法が見えてきません。

もうゲームオーバーだと感じられます。

自信はなくなった、信じる心も失ってしまっています。
イヤでも、仕方がないでしょう。
この話をすることなんて疲れていますが、今解きたい問題です。
しかし、この話をここでやめたほうが良いでしょう。



もう一つ、行きたくても行けないのは、VISUALIVE映像の映画館上映です。

「THIS IS IT」を映画館で見たとき、GACKTさんのライヴも映画館で見たいと思いました。
あの人たちの実現力はやっぱり凄いです。
あたしのできるレベルと全く階級が違います・・・。



Mood: ついに光ったお城が見えた
Music: Gackt - Lust for blood