大学の先生に会った

2009.09.18 - 02:41


きょう、大学まで行きました。
妹が印刷して送ってくれた履歴書をコピーすることが目的でした。
大学の側に、コピーがとても安いお店があるのです。

これで少し大学にいました。

パソコンも持って行きました。
大学のロビーでいましたが、他の学生もたくさんいました。
1年生の授業はもう始まっているだろう〜と思いました。

そして、日本語一年生っぽい学生が見えました。
やっぱり〜

日本語の学生・・・・ちょっとビジュアル系っぽい服を着ている人、ゴスロリ服を着ている人・・・間違いなく日本語学科です。(笑)

いわゆる日本のポップカルチャーの影響がまだ大きいです。
最近、日本文化のブームがあって、漫画やアニメなどの人気(一般的な人の中での人気)がさらに大きくなったらしいです。
もちろん、音楽も、主にビジュアル系のアーティスト、好まれています。

漫画やアニメ、ゲームや音楽などが好きだから日本語を勉強し始める学生が珍しくないでしょう。
その中にやめる学生も多いんですが・・・^^;;;

親にも、たまに先生にも、「こういうわけだったら真面目じゃないだろう」と言われていますが、興味のある分野を勉強することが大事だと思います。
「日本語を選んだのは漫画が好きだから」ということが決して恥ずかしがることではありません。
逆に、素晴らしいことじゃないかなと思っています。

でも、やっぱり人に「ファン」であることを知らせると、人の評価が厳しいです。


私は、日本の漫画を通じて日本に興味を持つようになりました。
そして日本語を勉強し始めたきっかけになったのは漫画じゃなくてGACKTさんです。
私も日本のポップカルチャーのファンの一人に過ぎない者なのです。

日本から帰って、一人になって、成長したと実家しました。
日本に行って、日本での生活を味わって、もう日本のことはただの夢や妄想じゃなくて、体験したことで現実です。
分かっている人とまだ分かっていない人の差かもしれません。

言語のことだけで、一年生の学生との差が激しいです。
一年生なら、普通なんですが、3年生の学生に比べても、やっぱり違うって。
でも、この違いは嬉しいです。
自分が何か他の人の持たないことがありますから。
自分の価値が見えてきたということです。
もちろん、個人的な意見です。

自分の中で、色々が落ち着きました。


先生方に挨拶をしに行こうと思って、研究室まで行きました。
好きな先生に会えました。
自然に日本語で話しましたが、やっぱり日本語が好きだと改めて感じました。
新しい先生にも会えました。
2年ごとに、ある授業を担当する先生が変わるのです。

日本語で話してよかったです〜
ブログで日本に離れていても書く日本語が使えますが、話す日本語は難しいですね・・・
日本人の仲間をこちらで作ろう〜って思っています。(笑)

私、授業の始まりはいつかよく分かりません。
情報がありましたが、先生の持っている情報と異なっています。。。
自分の授業の時刻表もまだ分かりません。。。
あしたまた大学に行かなきゃって。

後は、小論文のテーマも早く決めないといけないそうですが、一体何にするのでしょう?
自分で決めますが、自分で決めるこそ分かりません。(笑)



Mood: 寒い&疲れた
Music: GACKT - In Flames

トラックバックURL

このブログにトラックバックをするにはログインが必要です
今すぐ無料登録 | ログイン


コメント

Remy♪/2009.09.18 - 22:37 ×

好きこそものの上手なれ
we tend to be good at those things we like!

ってことわざがあるよ。

きっかけは そうであっても
そこから 自分の力を伸ばせるって いいんじゃないかな。。

それが 

芸は身を助けるってことにも
なるかもしれないしね。

芸じゃなんだけど・・・(;^ω^)

それを活かせたらいいね。

一つでも いいから ほかの人より優れた点があるのは

いいことです。

lazuli/2009.09.19 - 20:47 ×

Remy♪さん、

「芸は身を助ける」って
面白い表現ですね。^^

そして、日本語、やっぱり
毎日使いたいです。
どうせこの言語が好きですから♪

優れた点・・・もっとたくさん持ちたいな〜って。(笑)


この記事にコメントする
削除パスワード:

がくちん忘れちゃった・・・^^;;; | 首が痛いです。