映画『アーサーとマルタザールの逆襲』を見に行きました。

2009.12.04 - 07:31


一般公開が水曜日に始まりましたが、私は日曜日にプレビューを見に行きました。
フランスは、新しい映画が映画館に出るのはいつも水曜です。

水曜・・・日本だったら、CD発売日でしょう。
GACKTさんのシングルやアルバムはだいたいいつも水曜日に発売されます。(笑)
「RE:BORN」もそうでしたね。

「アーサーとマルタザールの逆襲」とは、「アーサーとミニモイの不思議な国」の続きを語る作品なのです。
元々この品作が本のシリーズで、映画化なら三部作になっています。

その前日本にも第一作が公開されました。
2009年12月2日、フランスで第二作。
第三作は、2010年10月の予定のようです。(フランス)

「アーサーとミニモイの不思議な国」より今回は実写の部分が多かった気がします。
もちろんアーサーはミニモイの国へ帰りますが、第一作ほど冒険が少ないです。
観客はすでにこの不思議な国に出会えました。
「アーサーとマルタザールの逆襲」で別の方法でこの世界を体験できるかもしれません。
ある意味でミニモイの日常生活を見せるアプローチなんじゃないかなと考えます。

日本では、公開されるかどうか分かりませんが、レビューを続きますね。

セレニアの部屋が現場になっているシーンがあって、ミニモイの家の中を発見するのが面白いでしょう。

第二作の物語については、予告編を見たら、すぐ終わりが分かってしまいます。
そして、映画が終わったら、NO−!!となってしまいます。
第二作と第三作は本当に繋がっていますから、続きが分かるまで1年間待たないといけないというのは、楽しくないです。TT

この点だけが少し残念です。

「アーサーとマルタザールの逆襲」のあるシーンはすごくリュック・べッソンの映画「フィフス・エレメント」を思い出しました。
偶然ではないと思います。

ちなみに、「フィフス・エレメント」は、不思議とタクシーのことはとてもあるバンド・デシネ(フランスの漫画)に出てくる話に似ていると前から気づきました。
その前友だちと会ったら、漫画家がその映画のスタッフになっていたわけだと教えてくれました。このバンド・デシネに基づいたアニメも出来ているそうです。ちょっと見てみたいです。(笑)


「アーサー」の話に戻ります。^^;;
第一作より主人公が成長したと感じられます。
差が激しいとは言えませんが、よく感じられます。

映画は楽しめました。

日本にも公開されて、今回もマルタザールの声はGACKTさんが担当になるといいですね。^o^
マルタザールはあまり登場していませんが・・・確かに面白い台詞があります。(笑)
ははは、GACKTさん魔王様がぴったりです。

第三作はマルタザールは中心になっているらしいですが、どんな物語になるでしょう?
2010年10月まで待つことが出来なければ、小説を読んでしまいましょう。(笑)

エンディング・ソングも面白いです。
ミニモイバンドによる、歌手レディーガガの「Poker Face」という曲のカバーです。本当に、最初は面白いです。(笑)


アーサーとマルタザールの逆襲 - by lazuli



Mood: ネムリンのブログパーツ、最高〜^0^V♥
Music: Gackt - Metamorphoze

トラックバックURL

このブログにトラックバックをするにはログインが必要です
今すぐ無料登録 | ログイン


この記事にコメントする
削除パスワード:

日記です。 | 年末と言えば・・・チョコレート♪