「屍鬼」第一巻(フランス語版)

2010.03.26 - 23:25


本屋さんに行って参りました。
その場で読みました。(笑)

何か漫画をフランス語で読むのはイヤです。
翻訳されてあまりきれいではないことばになってしまいますから。


その前、ネット上英語版を読みました。
単に説明すると、ファンが日本語の作品から翻訳したものです。
ファンだから、プロ翻訳者じゃありません。

それでも、翻訳もよく出来ているし、色々な注目もあります。

屍鬼という作品の中で、次々と人が死んでしまいます。
物語が時間の流れを従って語られています。日記のように、毎回日付が書いてあります。
作品の中で、カレンダーと六曜を使って日付を表します。
六曜で、日は種類が六つあります。
運が悪いかいいかを示す種類でしょう。

そのファンによる英語版を読んだときに、それぞれの種類を説明していました。
例えば、日本語で「先勝」が書いてあります。英訳に、ローマ字になってしまいます。
でも、翻訳した人は、英語で説明を加えたのです。
「先勝」は英語版で「senshō (good luck before noon, bad luck after noon)」になっています。

屍鬼とは、ちょっと怖い話で、死ぬ人が多い話ですから、それぞれの種類を説明する意味があると思います。


しかし、市場のフランス語版は、ただローマ字で書いてあります。
だから、どんな意味か全く分かりません。
ちょっと悪いと思います・・・。


仏訳はたまに微妙です。
漫画を読んで、アレなんだろうとフランス語で書かれても通じない時があります。
ある日は本当にえッ!?となって、この単語は元の日本語で何だろうと想像してみたら、「定期券」でした。
戸惑った理由は、翻訳がとても悪かったせいです。^^;;


「屍鬼」第一巻 - by lazuli
もう読んだから、話はどうなるかと分かっています。
サスペンスはなくなって、あまり怖くないです^^;;;


今回の「屍鬼」のいいところはジャケットです。素材は心地好い〜♪

後は出版社の話・・・
出版社は別の名前でもフランスで集英社の支社見たいな感じです。(笑)
去年買い取られたようですが、元々この会社は(日本)アニメ発行社なんです。

屍鬼はアニメ化されますが、フランスにも出ると予測できますね。^o^


会社の話って面白いでしょう。(笑)



Mood: 赤口
Music: GACKT - BLUE LAGOON−深海−

トラックバックURL

このブログにトラックバックをするにはログインが必要です
今すぐ無料登録 | ログイン


コメント

MISS/2010.03.27 - 01:03 ×

MAGNIFIQUE ARTICLE JE SUIS OSI FAN DE GACKT

lazuli/2010.03.27 - 19:14 ×

Tu comprends le japonais?
Honnetement ca ne me derange pas d'avoir des commentaires en francais ici, meme si c'est tres bizarre... mais au moins pas en langage sms s'il te plait.


この記事にコメントする
削除パスワード:

イースターのうさぎ〜〜☆♪ | 学校見学&KFC(土)