我が水・・嵩に還る・・

2007.12.12 - 15:54

故 我足し 吾妻の心無くして 婦に変える・・

此処 憂いたし 我が攣るべし逆耳の
想い 今 還りたし 心の昨夜

子数 也たし 我が衣・・
此の 詩蘂に 帰りたし 草々
我 無くして 子 何とする 想い 昨夜
策 願いたし 調は 此処 楚是 
とするいなや 詩調べ 受け射たし
我が なよ竹のかぐや姫・・

憂い・・今宵・・愛・・故に・・涙也・・

Lucifer


我、此処に 眠りたし 楚は想う・・

此処 帰りたし 我が心にて
想い 代え揺れば・・

願い叶いて・・我想う・・

楚は 永遠に・・ 愛なりて・・
是の 此処 写したし 我が心 寝に還る・・

此処は・・小さな怖さ底 下底なりて
冷たき 風に纏われし 我が美しき
還りべの 御心 一つにて・・

楚は 永遠の愛・・故に・・相・・

我が心・・衣に成たし縁楚輪か・・

釈迦

トラックバックURL

このブログにトラックバックをするにはログインが必要です
今すぐ無料登録 | ログイン


この記事にコメントする
削除パスワード:

我・・心無しか・・夢に酔う・・ | 余に舞いし・・楚還らざん・・我が心・・償いにて・・