今日のしあわせ

2007.12.10 - 21:47





昨日、Gacktさんのブログでベルちゃんのことをしって、当然自分に投影します。

もし、うちの子が9歳の寿命だったら?
それより短い寿命だったら??

生きているからには必ず別れがくるのは
わかるけど、その日は永遠にこないでほしい。

最近は離れて暮らしているので
家を離れるときは一応覚悟します。

「これでもう会えないのかもしれない」

そう思うと号泣してしまうのです。

これってちょっと異常??

思えば小さいころから、「死」に対して異様に感受性が豊かすぎた気がします。
幼稚園の頃、一人で夜寝ていていきなり、「お父さんとお母さんはいつか死んじゃう。今死んじゃうかも」と思って不安になり、リビングに泣いていくような子でした。

誰かの死に直面したわけでも、教えられたわけでもないのに。

まだその傾向は続いているのかな。こわいというイメージがあります。

今日も偶然、盲導犬との別れのテレビを見てしまい、それから涙がとまりません。
だって、泣いちゃいけない盲導犬が別れの時に「くぅ〜ん。くぅ〜ん。」っていうんですもの。

この世の中にはなんていとおしいパートナーがいることでしょう。

そして、その子が今病気にもならずに元気に生きていることが、今日はこんなに幸せです。

これからも家族みんなが元気でありますように。
毎日を笑って過ごせますように。

その幸せを世界中みんなが感じつづけることができますように。







トラックバックURL

このブログにトラックバックをするにはログインが必要です
今すぐ無料登録 | ログイン


今日は風林火山☆ | Save・・・・・・・