野良猫よ。

2007.10.26 - 23:58

今日は野良猫と睨み合いをしました。

雨が上がっている間にちょっと用事を済ましにお出掛け。
用事を済ませた後、煙草を吸いたくなって小さい公園に寄り道。
しょっぼい屋根のあるベンチに腰を下ろし、煙草をふかしながら空を見上げてボ〜っとする時間は最高の一時。
ポツポツとまた雨が降り始め、ああ・・・寄り道せず、そのまま帰ればよかった・・・と後悔している時、何か視線を感じ、振り向くとブッサイクな猫が1匹こちらを睨むように見てました。ちょっとムカついたので睨み返しました。
雨は降り止まず、野良猫との睨み合いが続きます。
なんで睨まれるんだ!?・・・ん?雨・・・・
野良猫も雨宿りしてたんですね〜。もしかすると自分より先に居たのかもしれません。テリトリーに入ってきた人間を睨んでるだけ。そりゃしょうがないや。申し訳ない。
視線は外さずに睨むのをやめ、今度は観察モードに切り替え。
毛はちょっと濡れてて身体のラインが分かる。デブってる・・・野良なのに?ご飯をくれる人間が沢山いるんだな〜。なんだその顔。チョビヒゲかよ・・・。右眉だけ麻呂みたいじゃないか。そんなに笑わせたいのか?デブでブッサイクでもご飯貰えるのね・・・
だんだん野良猫から焦点が合わなくなって・・・妄想モードに。これに入ると長いんだよねぇ。だいぶ妄想しました。ふと我に返り、野良猫に焦点を合わせ・・・野良猫居ねぇ!!どんだけ妄想してたんだ!!と自分に突っ込み、周りを見てみると・・・私の隣で寝転び、身体を舐めてました。なぜか感動。デブでブッサイクなのになぜか可愛く見える。ものすごく可愛く見える。チョビヒゲなのに。片麻呂なのに。野良猫マジック。ファンタスティック。
触りたくてたまらない衝動を抑え、新しい煙草に火をつけ、また一服。猫は一瞬ビクッとしてこちらを見ましたがすぐにまたグルーミングに夢中に。
雨が止むまでの1時間半ほどを野良猫と過ごしました。とても幸せでほっこりとした時間でした。
雨が止んだらすぐにどこかに消えて行った野良猫。イッツクール。

野良猫よ。愛しいよ・・・。

あ、カレンダー最高!!


BGM Road