氷祭り…みぢゅぎ祭(笑)。

2010.08.29 - 23:34


はい。これが、ガクおにいたんからの
残暑見舞いですよ。

氷ですよ。美しかったです。

氷屋さんはたいへんだったろうな。

ガクおにいたん、ありがとう。

氷屋さん、ありがとう。

おつかれさまっしたあ〜(笑)。


シェスタはいい(笑)。

2010.08.23 - 19:49

午睡はいいね。

暑い日こそ、午睡をおすすめします。

ちょっこし寝たら、いやいや(笑)

すっきり気分そーかい♪

いいわあ(−Д−)ノ


感覚が鈍ってしまうから。

2010.08.04 - 22:08

断捨離とか、いらないものを捨てるとか
たまにやりますし、まあ流行っている?

のですが…

その結果、なんとなく「美しいもの」とか
「贅沢なもの」とかから離れてしまう自分がいるのだとも感じました。

なぜならば、必要最低限のもので生活すると余分となる「美しいもの」は排除されていく。研ぎ澄まされていくわけです。
それはそれで「美しい」のですが、
それは自分が仕向けた美しさであって、
ひとが作ってくれた「美しいもの」ではないんですよね。

ハイブランドのショーウィンドウとか
すでに秋物のラインナップのファッション
(靴やバッグなども)を見ると、
さっぱりしている自分の周りには
「美しいもの」が欠落してしまったなとも感じてしまうわけです。

無駄なものと美しいものは違うわけで、
それをちゃんと見極めて、自分の身の回りに置きたい、使いたいと思うのです。

絵や写真や自然風景、植物や生き物など。
昔の名盤とされるクラシック音楽のレコード。装丁の美しい本。墨も匂い立つ書物。

外見の美しいひと、心根の美しいひとも。

美しいものが分かる魂は捨てちゃならないなと思います。