るーまにあ…で思い出したこと。

2008.06.08 - 02:08

魔王おにいたんががんばっている
かの地、るーまにあ。

…なんか私、この言葉にひっかかる
ものがある…と考えていたところ…。

ありました。ありましたよ。

菊地秀行せんせいがずいぶん昔に
執筆された
『蒼き影のリリス』という小説。

これ。るーまにあ料理店のオーナー
で、神も凍り悪魔も超えた美貌の青年
リリスと最高不死身(でもやんちゃ)な
吸血鬼青年・秋月くんの謎のお話。

ものすごく好きな小説でシリーズで、
全六巻あるんですが、どういうわけか
第五巻が手に入らずじまい。
もう10年は探しているのに(笑)。
何故ない?
(あまぞんで買えばいいのに。
めんどうくさいだもん)

謎の美青年リリスは、おにいたんの
イメージがある。
だけど、秋月くんも肉体派なので、
現在のおにいたんがぴったりです。

しかし、最後まで読んでも
リリスは謎で、
どうして、るーまにあ料理店の
オーナーをやってて、美貌なのかが
わかりません。

おにいたん、リリス…
『るーまにあ』が頭の中ぐるぐるしだした
ので、また読み直してみようと思います。

とうもろこしのおかゆ…ママリカという
お料理がリリスのレストランで
出てきます。
ままりか…なんかかわいい(笑)。

赤毛のアン…(^−^) | 本日はお祭りなのですよ。