旬のものだけにする。

2009.06.29 - 23:50

えーと…
食べ物の旬はとても大事なことですが
今回はそれでわなく(笑)。

お部屋のものとか趣味のもの…

「好き」と感じるものがたくさんありまして、だいたいそれは小さなものだったり
するんですが、塵も積もれば…で
いつのまにかいっぱいになってしまうという厄介なものに変身してしまいます。

これは困ります(笑)。

今、ざっと部屋を見回すと…
本本本…そしてまた本。
おにいたん関連のもの。
インテリア小物。服。
おたきゅなフィギュア(がくっちは
かろうじておにいたん関連のカテゴリ)
がシリーズで六体。

なんかまとまっていなくて、ただ部屋が
それらの倉庫みたくなっている。
いや、「部屋」でもあるんだけど。
ただ置いてあるみたいな…。

それはかわいそうだなと思ったんです。

モノって使って始めて役立つものだし、
使わないことほどもったいないことは
ないそうです。
ただ所有しておくだけのものはゴミと
同じだと気がついた。

「欲しいな」「使おう」と思って所有したのだから、ちゃんと使わないと。
仕舞いっ放しとか買ってきてそのままとか
それはやめようよと。

だから、その旬を大切にする。
盛り上がっている最中なら、とことん
愛しめばよい。
そして、旬が過ぎたなら「ありがとう」で
処分しても、いいのだと。

ずーっと好きならとっておく。

でももういいや。もうお腹いっぱいというものは、いつまでもとっておかない。
それに気がつきました。

少し、さっぱりさせてみよう。
私は「好きなもの。大切なもの」と
暮らしたいのであって、ゴミと暮らしたいわけではないのですよ。

一年に一回。
こうゆう気分になるときがあるので、
このときが大掃除のチャーンスなのです。


おにいたん関連?
いや、ずーっと好きだから。
大切にしてるよ。

(いちばんスペースとってても! 坪単価にしたら高価なスペース代になりそうだけど)

でもさ、梱包とか外装箱とかは捨てても
いいんじゃないの(笑)?

とほほです。

こんな日でした(笑)。 | まいったね…こりゃ…