病み上がらず・・・(^^;

2008.11.26 - 22:21

何だかね、風邪がまだ治らないのですよ・・・。

早く治したいんですけどね(^^;

鼻と喉がねぇ。
昨日の夜なんて、突然、咳が出始めて目が覚める始末・・・。
ゆっくり寝てられやしないっ!!
(・・・って、いつも熟睡してないけどさ。)

先週の金曜日も会社のお昼休みの時間を利用して、病院に行ったんですけど、その時も出された薬もなくなったので、また今日も行ってきました。
先生も「長いねぇ・・・。」と言いつつ、「違うお薬出しておこうね。」と前回とは種類の違う薬が処方されました。

まぁね、気分的には何の問題もないんですよ。
ただ、この鼻声と咳がね・・・。(苦笑)
もう、喉がすっきりしなくて、腹が立ちます!!

いやぁ、ホント、かなりの鼻声ですよ。
みんな私の声を聞くなり、「風邪ひいてるんですか?」って言うもん。
それくらい、声変わりしてます。(笑)

でもね、とにかく早くこの風邪を治さないといけないんですよ。
12月1日、東京に行かないといけないんだからっ!!!!!


『PATiPATi』の裏表紙。

2008.11.16 - 20:27


Gacktさんが表紙の『PATiPATi』。
素敵なGacktさんにうっとりしながら熟読して、何気なく裏表紙を見たところ・・・。

「んっ!?何だ??この可愛いミッキーは???」

私、元々、Disney好きで、大学生の時に初めて東京ディズニーランドを訪れて以来、虜になってしまい、一時はオリエンタルランド(ディズニーランドを経営している会社)に就職しようかと真剣に考えたくらいなんですよね。

ウォルト・ディズニーに関することから、ディズニーランドの経営に関することまで、あらゆる著書も読み漁りましたし・・・。

初来園以来、ほぼ毎年行ってました。
最後に行ったのは、20周年の時ですから、5年前ですかね?

少しディズニー好きも落ち着いて、「私も大人になったなぁ〜。」なんて思っていたんですけど、ここ最近、会社の後輩の子が立て続けにディズニーランドに行ってまして・・・。
私もミッキー熱が再燃してきちゃったワケですよ。

そんな折に、あの『PATiPATi』の裏表紙ですよ。
すぐにネットで調べました。

あの可愛いミッキー、デジタルオーディオプレーヤーだったんですね。
ちっちゃくて、可愛くて、しかもお手頃値段!!
容量1GBで、本体¥7,980!!

「欲しいっ!!!!!」

HPで調べてみると、今なら、本体と同型のスピーカー、携帯ストラップが特別価格のセットになってて、なんと¥8,000!!

「どうせ買うなら、こっちのセット???」

そう思いつつ、その日はとりあえず調べるだけで終わりました。

翌日、会社でみんなにこのことを話すと、かなりみんなも飛びついてきまして・・・。
お互いに「何色にしよっかなぁ?」なんて・・・。

・・・でね、私、その晩、ポチッとしちゃったんですよ(^^ヾ
¥8,000の特別価格のセットは残念ながら、どの色も売り切れだったのですが、まぁ、スピーカーは要らないかな・・・と妥協しまして、本体だけを購入しちゃいました。

↑が、今日届いたミッキー型のデジタルオーディオプレーヤー“iriver Mplayer”です。
色は10色あったんですが、名前に惹かれて、“ストロベリー”色にしました。
私のイメージだと、黒とかシルバーなんですけど、ミッキーですからね。
ここは可愛い色がいいなぁ・・・と思って、ピンク系にしちゃいました。

早速、只今、充電中です。
ファイルは既に入れてまして、『nine*nine』を全て入れました。

・・・って、私、iPod nanoも持ってるのにねぇ(^^;

これぞ、まさしく、衝動買いですっ。(苦笑)


若いっていいね・・・。

2008.11.14 - 21:03

今のこのままの状況で、10歳若返りたいっ!!

「10年前に戻りたい。」っていうんじゃなくて、今のまま26歳になりたいんですよねぇ。(苦笑)

最近、何だかすごく年齢の差を感じるワケですよ。

私が会社に入社してから数年は、私の同年代がブームというか、時代が形成されていたんですけど、当時、一緒に遊んでたメンバーもそれぞれに結婚したりして、なかなか一緒に遊ぶ機会も少なくなって、私達の時代はフェードアウトしていったんですよね。
そして、後輩達が次々と入社してきて、それぞれに時代を築いてきたワケなんですけど、ここ数年の後輩って、年齢的にも一回り以上差があるワケですよ。
するとね、今までだと、年齢差があっても、結構、私の年代よりなところがあって、みんな一緒・・・的な感じがあったんですけど、もう今の20代前半の世代って、勢いが違うんですよね。
全く入っていけない・・・。

そういうことをね、先月の会社での沖縄旅行の時から痛感することが多くなってしまいまして・・・。

「私もそろそろ身を引く時が来たのかなぁ〜。」

・・・なんて、寂しいことを考えちゃったりしたワケです。

今日、仕事帰り、会社の駐車場でそんな話を同じ部署の後輩の女の子(27歳)と話していたんですけど、彼女も同じようなことを感じていたみたいです。
27歳の彼女でさえ、そんなことを思うワケですからねぇ。
冗談半分で、「身を引くか、逆に勢いつけていくかだよね。(爆)」って笑いましたけどね。

私、こう見えて(!?)、「姉さん」って呼ばれるくらいなので、結構、先頭切ってるところがあったり、姉御的な存在だったりするんですよね。
でも、もう「姉さん」役も降板の時かもしれません。

何か寂しいなぁ・・・。


最近、気になるもの。

2008.11.13 - 22:17

それは・・・。









白髪。




ついこの間までは、全く気にならなかったのですが、ここ最近、鏡を見るたびに新たな白髪を発見してしまいます。

そして、思うのです。

「そんな歳なのね・・・。」

がっくり↓↓↓↓↓

・・・で、白髪のメカニズムを調べてみたワケですよ。

そもそも、髪は、本来白髪なんだそうです。

毛髪は皮膚が変化して出来たものなんだそうで、頭皮から出ている部分の毛幹と、頭皮の下に隠れている毛根に分けられます。
この“毛幹”の部分が、「髪の毛」と呼ばれる部分にあたるワケです。

毛根の更に下の部分には、毛球というものがあります。
この毛球の中心には毛乳頭なるものがあるらしいのですが、ここに毛細血管で運ばれてきた養分を蓄えるんだそうです。

更に、毛乳頭の周りを毛母細胞が取り巻き、毛乳頭の養分により細胞分裂を繰り返し、毛髪となるのだそうです。

・・・で、話は髪の毛の色に戻るんですけど、この毛母細胞が作り出した髪の毛自体に色はなく、白髪の状態なんですね。
白髪の髪の毛は、成長過程の中で、メラノサイトという色素細胞から作り出されたメラニン色素を取り込むことで、黒髪になるというワケです。

・・・で、このメラノサイトの働きが、年齢を重ねるごとに悪くなり、髪の毛が生え変わる時に、メラノサイトが配置されなかったり、メラニン色素が取り込まれなかったりして、白髪のまま生えてくるということらしいです。

・・・ということは、最近、私の髪に白髪が目立ち始めたということは、イコール、「老化が始まった。」ということなの???

それって、かなりショック・・・(> <)

まっ、カラーリングすればいいんだけどさっ。
それにしても、最近、急激に白髪増えすぎだよぉ〜。

ちょっと落ち込んでる私なのでした。


凹むこともあります・・・。

2008.10.28 - 21:41

今日は何だか凹んでます。
凹んでるっていうか、寂しいっていうか・・・。

私でもそういう時あるんですよ。(苦笑)

今日は会社の人達といつものソフトバレーボールの日だったんですけどね。
やる気満々で臨んだんですが、何だか全てが空回り・・・。
面子はいつもと変わらなかったんだけど、何故か今日はみんなに馴染めない。
話に入っていけないんですよ。
気がついたら、ボツーンとひとりぼっち。
バレーボールやってる最中も、サーブは決まらないわ、レシーブは弾いちゃうわ・・・で、イイとこなし。
気がつけば、ただウロウロとボールを追ってるだけで、これまたみんなのボールのやりとりに入っていけない。

最近、こういう孤独感を時々味わってしまいます。
何なんだろう???

最初は上手く会話出来ているんですよ。
だけど、新たに誰かが加わったりすると、会話に入っていけなくなって、ついていけなくなって、結局、自ら身を引いてしまうんです。

あと、出遅れちゃった感があったりね。
気がつくと、みんなそれぞれに会話の花が咲いて盛り上がってて、今更、どこにも入れない・・・みたいなね。

でも、それって、私が勝手にそう思ってるだけで、ただ単に、私って、誰かに常に相手してもらってないとダメなだけの面倒くさい人間なだけなのかなぁ・・・とか、ただ会話の中心にいたいだけのワガママな人間なだけなのかなぁ・・・なんて思ったりしてね。

だから、そういう色んな意味を含めて、「これからは身も心も小さくなろう。」って思ったんです。

“身”は、まぁ、見てそのものです。
最近、自分の写真を見ると、すごくおっきなことに気付いたので、痩せなきゃな・・・って。

“心”は、態度とか存在感とかって感じかな?
要は控えめになろうってことです。
普段がかなり姉御肌なので、ついつい表に出すぎちゃうので・・・。

今の自分、何かすごくヤな感じだなぁ。

スイマセン。
今日は何だか重苦しい内容で・・・。
気愛入れなおして、出直してきますっ!!


帰ってきたさぁ(^-^)

2008.10.19 - 22:29

1泊2日の沖縄旅行から無事に帰ってきました。
1時間ほど前に、家に帰り着きました。

楽しかったさぁ。
疲れたさぁ。
気分的には、“なんくるないさぁ”。

そんなところでしょうか・・・(^^;

・・・というワケで、今日は片づけをしたら、寝ます。
旅の報告は明日改めてしますね。

乞うご期待!!


薬漬け。

2008.10.11 - 20:48

ここしばらく、両親のことで病院へ行く機会が多かったのですが、今日は自分のために病院に行きました。

2〜3日前から、喉がイガイガして、咳が出てまして・・・。
どうやら風邪をひきかけているようなんですね。
ずっと気を張って過ごしているせいか、いつものように寝込むほどではないのですが、多分、今、ふっと気を抜いたら、間違いなくダウンすると思います。

そんなワケで、病院へ行きました。

ついでに、ここしばらく首と腰も痛かったので、合わせて診てもらいました。
レントゲンを撮って診てもらいましたが、骨に異常はなかったみたいです。

処方された薬の種類がすごかったですよ。

まずは、風邪薬として・・・。
・咳き止めの薬
・抗生剤
・風邪薬
・鼻水を止める薬
・うがい薬
・トローチ

そして、首や腰の痛みには・・・。
・痛み止め
・痛みを和らげる薬
・湿布

これだけ薬が出されたので、更に・・・。
・胃薬

いやぁ、父や母が毎食服用している薬の種類よりも私が飲む薬の方がはるかに数が多いんですけど・・・。

でも、やっぱり病院で処方される薬は効きますね。
あれだけ痛かった首や腰の痛みが今は殆どありません。

ちなみに、今日はもう1軒病院へ行きました。
皮膚科・・・。
首筋の皮膚が荒れている部分があったもので・・・。
ここでも、軟膏が出されました。

今日は病院のはしごでしたよ。

今日から3連休ですが、ウチで大人しくしていようと思います。


ひとつ乗り越えて・・・・。

2008.10.08 - 22:18

10月6日。
母が検査入院しました。

「肺に影がある。」と言われ、「肺ガンの可能性がある。」と診断されて、10日・・・。
その間、母は相当なショックを受け、落ち着かない毎日を過ごしていたようです。

そして、一昨日、11:00に病院に着き、病室に入る前に、採血・検尿・レントゲンの検査を受け、入室。
母は、私が知る限りでは、入院というものをしたことがありません。
そのことを思うと、やっぱり、「母も歳なんだなぁ・・・。」と思わざるを得ません。

今回の検査入院では、気管支鏡検査により、肺にある腫瘍の組織を採取するというのがメインです。
あとは、他に転移している箇所がないかをCT検査によって調べます。

担当の先生は、明るくて朗らかな女性でした。
病室に入ってすぐに、母の元を訪れ、緊張をほぐすかのように、お話してくれました。

気管支鏡検査は、14:00から行われることになり、それまで私は母に付き添って病室でまったりしてました。
13:30頃になると、点滴が施され、14:00には車椅子に乗せられて、検査室へ・・・。

この検査自体は、1時間もかからない検査だったようですが、私は母を検査室へ見送ってから、一旦、家へ帰りました。

家のことを済ませ、夕方、父と再度母の元を訪れると、ケロッとした顔で、ベッドに横になって、入院に関する書類を見ていました。

病室へ向かう途中、担当の先生に呼び止められて、簡単な説明を受けたのですが、気管支鏡検査は、とても順調に行われたようで、出血もなく、終わったそうです。
そして、肺の内部を食塩水で洗浄したところ、その後のレントゲンでは、不思議なことに、肺にあった影が15%ほど消えていたそうです。
あとは、採取した組織が良性なのか悪性なのかのを分析しなければいけません。
その結果は、来週16日に出ます。

そして、思いのほか、検査が順調に済んだので、翌日の昨日、午後から退院出来ることになっていました。

そんなワケで、昨日の午後、難なく退院してきました。
昨日の午前中も再度、レントゲンやCTの検査が行われたようですが、他に転移もなかったようです。
母は、「70歳にしてはきれいな脳をしてるって褒められた!!」と喜んでました。
他の臓器もどこも悪くなく、年齢的な衰えは見られるものの、異常はなかったみたいです。

肺に腫瘍があることに変わりはないのですが、何となく明るい兆しが見えたようで、少し気が楽になりました。
あとは、検査結果を待つだけです。
どちらにせよ、手術して腫瘍の部分を切除することにはなると思うのですが、「肺に影がある。」と言われた当初に比べて、今回の検査入院で、母の様子も少し落ち着いたので、ホッとしています。
治療をすることにも意欲的になったし・・・。

私も堕ちていた気分が少しだけ上向きになった気がします。
まだまだ頑張れそうです。

ちょっと風邪気味だけど・・・。


ご心配おかけしておりますが・・・。

2008.09.25 - 22:14

暗くなる内容なので、ブログ更新はしないでおこうかと思いましたが、更新しない間にもみんなからコメントを頂いて、心配かけてしまっているので、報告だけしておこうと思います。



今年は、7月に父が出血性胃潰瘍で倒れて、救急車で運ばれるという事態が2度あったんですが、その後、父の具合は、順調に回復し、おかげさまで顔輝になっています。

ところが、時を同じくして、母も病院へ行く予定でした。
母は、数年前から、心臓肥大や不整脈の症状があり、通院したり、薬を常用する生活です。
父が入院する少し前にも、かかりつけの病院から、紹介状をもらい、大きな病院に行くことを勧められていました。
しかし、父のことがあったので、行きそびれていて・・・。

私の母は、とても気丈な人です。
常に、家族のことを考え、一人で頑張る人です。
ここしばらくは、自分の体調についてだけでなく、父のこともあったり、それ以前から、家庭の事情など色んな心配事が重なって疲れていたんだと思います。

今月に入ってから、母の不整脈の症状がまた出てきて、体調が悪くなりました。
近所のかかりつけの病院へ行くと、先生からまたちゃんと検査するよう言われたそうです。
それで、先週、以前にも通院していた隣町の病院へ行ったワケです。

隣町の病院に行くと、いつもレントゲンを撮るそうです。
今回もいつもの通り、レントゲンを撮ったのですが、心臓については、今回は問題なかったようです。

しかし、今回のレントゲンで、肺に影が見られました。
それは、暗に“肺ガン”を予測するものです。

翌日、CTによる検査を受けました。
前回、ブログを更新した日です。
私も午後から会社は休みをとり、母に付き添って付いて行きました。
その日は、30分ほどで、検査は終わりました。

そして、その結果説明を受けるため、今日、病院へ行ったワケです。

結果・・・。

「ガンの可能性が高い。」ということでした。

今は、「ガンだから、必ず死ぬ。」というワケではないですよね。
現に、私の会社の上司も去年、会社の健康診断のレントゲンで肺に影があることが分かり、その後、肺を一部摘出する手術を受けて、抗がん剤治療を数ヶ月受け、今は仕事にも復帰されています。

なってしまったものは仕方ない。
前向きに、治療に専念していくほかないんです。

でも、当の本人、母が受けたショックは母以外の誰もが計り知れないものだと思います。
母、今年70歳。
「この歳になって、何で私が今頃、こんな病気にならんといかんと?」
そう悔しがっています。

病院の先生に・・・、

「お母さん、すごくいつも気を張ってて、すごく気丈な人だから、今日はすごくショック受けてると思う。あなたが頑張って、お母さんを精神面でもしっかり支えてあげてね。」

そう言われました。

よく分かっているつもりです。
でも、私もどう母を励まし、支えていけばいいのか分かりません。
不安でいっぱいなんです。
だけど、母本人の気持ちを察すれば、私が不安な顔をしたり、弱気な態度を見せることは、余計に母に心配をかけてしまうことになるワケで・・・。
涙腺の弱い私は、言葉をかけようとするだけで、涙が出てきてしまいます。

だけど、私が何とかするしかないっ!!
母が安心して、治療に専念出来るように、家のことも父のことも私がしっかりやっていかなければっ!!

今まで、ずっと母に甘えてばかりで、母がいるから安心して、家のことはあまり気にしてなかった私がいけないんですよね。
だから、余計に母に負担をかけさせてしまってた。
私への罰ですよね。
今日、これから、今からは、仕事はもちろんですが、家のことも、これからの母のこともしっかり私が見ていこうと思います。

でもね、いざ「やろう!!」って思うと、毎日生活している我が家なのに、色んな面で分からないことだらけなんですよ。
家のことって、やっぱりどの家庭も“母”が一番仕切っているでしょ。
色々と聞いておかなくちゃ・・・って思うことが沢山あります。

これからの予定としては、再来週、母は精密検査のため、数日間入院することになっています。
入院の予約もしてきました。
母は美容院をしているので、それまでの間に、仕事の方を整理して、入院の準備をすることになります。
私も母の負担にならない程度に、家のことを自分でやれるようにしていくつもりです。

そんなワケで、これからしばらくは、ブログ更新もあまり出来なくなると思います。
弱音を吐きたくなった時、ここに帰らせてもらおうかな・・・と。
ここで私の姿が見えない時は、「頑張ってるんだな。」と思って下さい。

それと、すごく楽しみにしていたGacktさんのライブですが・・・。
沢山の素敵なDearsのみんなのおかげで、参戦出来る公演も沢山決まっていましたが、今は↑のような状態なので、参戦が叶わなくなる可能性が出てきました。
今から全てをキャンセルすることはありませんが、場合によっては、追って、助けてくれたDearsの方へお断りの連絡をさせてもらうことになるかもしれません。

まっ、仕方ありません。
やっぱり、家族が一番大事ですから・・・。

私は、今日、ここにこうしてブログを綴ることで、決心しました。

「これから、母の前では、絶対に涙は流さない。」

涙腺はしっかり堅くしばっておきます。

何だかすごく暗く重たい内容になってしまいました。
まぁね、ウチだけじゃないんですけどね。
世の中には、もっとツライ思いをしている人は沢山いると思うので・・・。

でも、正直、今回ばかりはショックが大きすぎました。
私も今までにないくらい、頭が真っ白になって、全く気持ちの整理がつきません。
文字にしているから何とか自分の気持ちを言葉に出来ていますが、口にして伝えようとすると、何をどう言っていいのか全く分からなくなります。

ん〜、今思っていることをすべてここに書き記すことが出来たワケではありませんが、何だかちょっとだけ気持ちが落ち着いてきました。

大丈夫っ!!
私は頑張りますよ。

コメントくれたみなさん、ホントにありがとうございます。
心配してくれる人がいるって、すごく幸せなことですよね。
温かいコメント、嬉しかったです。


・・・。

2008.09.19 - 21:07

生きている以上、絶対避けては通れないことってあるよね?

でも、それがいつ訪れるのかなんて、誰にも分からない。

それは、ある日、突然訪れるもの・・・。

いつかは必ず訪れるものだけど、その時の準備なんて、全くしてないし、想像もしてない。

その時が来て初めて、事の重大さに気付いたりして・・・。

「私にやっていけるんだろうか?」

そんな不安ばかりが頭をよぎる。

まだはっきりしたワケじゃない。

でも、それなりの覚悟や心の準備はしておかないと・・・。

冷静に受け止められたつもりでも、胸に詰まる想いはやっぱりどこかにあって、でも、弱いところは見せたくなくて・・・。

結構、キツイね。

でも、頑張るよ。

私が頑張らなくてどうするっ!!


****************************

↑を読んだだけでは、何のことだか分からないかもしれません。
まぁ、私もまだ頭の中の整理が上手くついていないので・・・。
まぁね、色々あるんですよ。
まだはっきりしたワケではないので、詳しい話はしないでおきます。
あっ!
私自身がどう・・・というワケではないですよ。
私に関わってくることではありますが・・・。
またちゃんと伝えられるようになったら、話します。

****************************


古い10件 | 新しい10件