ご心配おかけしておりますが・・・。

2008.09.25 - 22:14

暗くなる内容なので、ブログ更新はしないでおこうかと思いましたが、更新しない間にもみんなからコメントを頂いて、心配かけてしまっているので、報告だけしておこうと思います。



今年は、7月に父が出血性胃潰瘍で倒れて、救急車で運ばれるという事態が2度あったんですが、その後、父の具合は、順調に回復し、おかげさまで顔輝になっています。

ところが、時を同じくして、母も病院へ行く予定でした。
母は、数年前から、心臓肥大や不整脈の症状があり、通院したり、薬を常用する生活です。
父が入院する少し前にも、かかりつけの病院から、紹介状をもらい、大きな病院に行くことを勧められていました。
しかし、父のことがあったので、行きそびれていて・・・。

私の母は、とても気丈な人です。
常に、家族のことを考え、一人で頑張る人です。
ここしばらくは、自分の体調についてだけでなく、父のこともあったり、それ以前から、家庭の事情など色んな心配事が重なって疲れていたんだと思います。

今月に入ってから、母の不整脈の症状がまた出てきて、体調が悪くなりました。
近所のかかりつけの病院へ行くと、先生からまたちゃんと検査するよう言われたそうです。
それで、先週、以前にも通院していた隣町の病院へ行ったワケです。

隣町の病院に行くと、いつもレントゲンを撮るそうです。
今回もいつもの通り、レントゲンを撮ったのですが、心臓については、今回は問題なかったようです。

しかし、今回のレントゲンで、肺に影が見られました。
それは、暗に“肺ガン”を予測するものです。

翌日、CTによる検査を受けました。
前回、ブログを更新した日です。
私も午後から会社は休みをとり、母に付き添って付いて行きました。
その日は、30分ほどで、検査は終わりました。

そして、その結果説明を受けるため、今日、病院へ行ったワケです。

結果・・・。

「ガンの可能性が高い。」ということでした。

今は、「ガンだから、必ず死ぬ。」というワケではないですよね。
現に、私の会社の上司も去年、会社の健康診断のレントゲンで肺に影があることが分かり、その後、肺を一部摘出する手術を受けて、抗がん剤治療を数ヶ月受け、今は仕事にも復帰されています。

なってしまったものは仕方ない。
前向きに、治療に専念していくほかないんです。

でも、当の本人、母が受けたショックは母以外の誰もが計り知れないものだと思います。
母、今年70歳。
「この歳になって、何で私が今頃、こんな病気にならんといかんと?」
そう悔しがっています。

病院の先生に・・・、

「お母さん、すごくいつも気を張ってて、すごく気丈な人だから、今日はすごくショック受けてると思う。あなたが頑張って、お母さんを精神面でもしっかり支えてあげてね。」

そう言われました。

よく分かっているつもりです。
でも、私もどう母を励まし、支えていけばいいのか分かりません。
不安でいっぱいなんです。
だけど、母本人の気持ちを察すれば、私が不安な顔をしたり、弱気な態度を見せることは、余計に母に心配をかけてしまうことになるワケで・・・。
涙腺の弱い私は、言葉をかけようとするだけで、涙が出てきてしまいます。

だけど、私が何とかするしかないっ!!
母が安心して、治療に専念出来るように、家のことも父のことも私がしっかりやっていかなければっ!!

今まで、ずっと母に甘えてばかりで、母がいるから安心して、家のことはあまり気にしてなかった私がいけないんですよね。
だから、余計に母に負担をかけさせてしまってた。
私への罰ですよね。
今日、これから、今からは、仕事はもちろんですが、家のことも、これからの母のこともしっかり私が見ていこうと思います。

でもね、いざ「やろう!!」って思うと、毎日生活している我が家なのに、色んな面で分からないことだらけなんですよ。
家のことって、やっぱりどの家庭も“母”が一番仕切っているでしょ。
色々と聞いておかなくちゃ・・・って思うことが沢山あります。

これからの予定としては、再来週、母は精密検査のため、数日間入院することになっています。
入院の予約もしてきました。
母は美容院をしているので、それまでの間に、仕事の方を整理して、入院の準備をすることになります。
私も母の負担にならない程度に、家のことを自分でやれるようにしていくつもりです。

そんなワケで、これからしばらくは、ブログ更新もあまり出来なくなると思います。
弱音を吐きたくなった時、ここに帰らせてもらおうかな・・・と。
ここで私の姿が見えない時は、「頑張ってるんだな。」と思って下さい。

それと、すごく楽しみにしていたGacktさんのライブですが・・・。
沢山の素敵なDearsのみんなのおかげで、参戦出来る公演も沢山決まっていましたが、今は↑のような状態なので、参戦が叶わなくなる可能性が出てきました。
今から全てをキャンセルすることはありませんが、場合によっては、追って、助けてくれたDearsの方へお断りの連絡をさせてもらうことになるかもしれません。

まっ、仕方ありません。
やっぱり、家族が一番大事ですから・・・。

私は、今日、ここにこうしてブログを綴ることで、決心しました。

「これから、母の前では、絶対に涙は流さない。」

涙腺はしっかり堅くしばっておきます。

何だかすごく暗く重たい内容になってしまいました。
まぁね、ウチだけじゃないんですけどね。
世の中には、もっとツライ思いをしている人は沢山いると思うので・・・。

でも、正直、今回ばかりはショックが大きすぎました。
私も今までにないくらい、頭が真っ白になって、全く気持ちの整理がつきません。
文字にしているから何とか自分の気持ちを言葉に出来ていますが、口にして伝えようとすると、何をどう言っていいのか全く分からなくなります。

ん〜、今思っていることをすべてここに書き記すことが出来たワケではありませんが、何だかちょっとだけ気持ちが落ち着いてきました。

大丈夫っ!!
私は頑張りますよ。

コメントくれたみなさん、ホントにありがとうございます。
心配してくれる人がいるって、すごく幸せなことですよね。
温かいコメント、嬉しかったです。