久しぶりに登場!!

2008.11.28 - 21:25

夢でも逢いたかった人が、久しぶりに夢に登場してくれましたっ!!

そう、Gacktさん(^-^)

昨日の夜は、ヘンな雷が鳴ってて、相変わらず熟睡出来ない夜だったんだけど・・・。(苦笑)

ホント、ヘンな雷だったんです。
遠くから、「ゴォォォォ・・・・。」って地鳴りのような音が響いてきて、段々大きくなって、家がミシミシ音を立てるようなね。
巨大な未確認飛行物体でもやってきたのかと思ったくらいです。(笑)

それでも、夢でGacktさんに逢えましたよ。

↓は夢の中でのお話。


空港の到着口付近にあるカフェで友達とお茶してる私。
私は多分、夜想会のようなイベントに参加してて、先に到着した組。
次に到着する組がどうやらGacktさんと乗り合わせたらしい・・・という情報を得て、友達と待っている様子。

そこへ、同じツアーの参加者らしき人が到着口から出てき始める。

私:「着いたっちゃない?」

一緒にいた友達はすぐさま席を立って、来るであろうGacktさんがより近く見える通路の向こう側へ移動。
私は出遅れた感で、そのまま席についたまま・・・。

そこへ、ホントにGacktさんが出てきた!!

その場に居合わせたツアー参加者の歓声を浴びつつ、通路を進んでいくGacktさん。
私は気付いてもらおうと必死で・・・、

私:「Gacktさんっ!Gacktさんっ!!」

・・・と呼び続ける。

すると、微笑みながらGacktさんが振り向いてくれて。
私は腰が抜けた状態で席を立つことも出来ないまま、手を振り続けているんだけど、それでもふと「手を出したら、握手してくれるかも?」なんてことを考え、左手で手を振りつつ、右手を差し出すと、なんとGacktさん、通路の腰の高さくらいのフェンスから身を乗り出すようにして私の手をとり、握手してくれたっ!!
しかも、もう一方の手もとって、お互いの両手をクロスさせて、同時に握手するような形で・・・。

あまりにも感激しすぎて、ただただ見惚れていた私ですが、握手を終えて、去って行くGacktさんを見送り、その手のぬくもりをかみ締めつつ、感激に浸りながら・・・、

「んっ!?・・・香りがしない。」

そう、「キャー!!」となって、両手を顔にあてていた私は思わず自分の手の残り香を確認しようとしたのです。
でも、あのエゴプラの香りは全くなく・・・。

すると、近くにいた他の人も・・・、

「今日、エゴプラつけてないんじゃない?」
「何にも香りがしない。」

・・・と口々に。



・・・と何故かそこで夢は終わっちゃったんですけどね(^^;
でも、夢の中ででもGacktさんと握手出来て、すごく幸せでしたよ。
ホント、夢に見るのは久しぶりでしたから・・・。

もうすぐ、逢える。

12/1〜2の2日間、月初めにもかかわらず、会社は有給休暇をとりました。
1日の夜には、夜想会以来、久しぶりに生のGacktさんに逢えます。
嬉しいなぁ〜(^-^)